餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

歌は、心だ!「マダム・フローレンス!夢見るふたり」で感じた音楽のチカラ

スポンサーリンク

ニューヨーク、カーネギーホール。

音楽好きであれば知らない人はいない、まさに、音楽の殿堂、聖地だ。

これまで、数えきれないぐらい、クラシックやポップスの名演が行われてきている。

そんなカーネギーホールを、絶世の音痴(?)マダムが満員に…?

信じられないような話。しかし、れっきとした実話が、この映画のメインストーリーだった。

ハリウッドきっての名女優、オスカーを3度も受賞したメリル・ストリープが、このマダム役を演じるということで、僕は大いに気になった。

f:id:ICHIZO:20161223065146j:plain

と言うことで、見に行くことにした。

…実に心が洗われる111分。いやぁ、これは素晴らしい話だ。

メリル・ストリープの演じるマダムは、「大富豪」という設定。だから、たとえ彼女がどんなに音痴であっても、誰も、それを指摘しない。それどころか、音楽会後は称賛の嵐になる。

ヒュー・グラント演ずる夫が、会の出席者を厳選し、さらに、公演前に入念な根回しを行っているからだ。

ピュアなマダムは、それを真に受けて、「自分は歌がうまい」と勘違いしてしまう。

…これだけだと、金にものを言わせた、単なる裸の王様話じゃないかと思われるかもしれない。

しかし、この映画は、そんな単純な話ではなかった。

マダムの夫は、外に愛人を持っていた。マダムには、とても悲しい過去があり、それが、夫婦関係にも大きく響いていたのだ。

しかし、夫はマダムを間違いなく愛しており、マダムも夫を愛していた。

だから、とあるきっかけから、マダムが、「カーネギーホールで歌いたい」という突拍子もない希望を言い出し、それを実現させた時も、夫は、渾身の努力で、マダムのプライドが傷つかないように調整する。

ところが…。

これ以上はネタバレになってしまうので書かないけれど、本当にこれはいい話だった。

メリル・ストリープは、本来、歌のうまい女優なのだけれど、見事に音痴のマダムを演じきっていた。

実話ベースの映画なので、エンドロールでは、「本当の」フローレンスの歌声が流れるのだけれど、この声とそっくり!

流石、メリル・ストリープだなぁとしか言えない。

夫を演じるヒュー・グラントも好演。いくつになってもダンディさは相変わらずで、何を演じても同じ役のように見えてしまうことが多いのだけれど、この映画の役には、とても嵌っていたように思う。

f:id:ICHIZO:20161223065210j:plain

 パンフレットも購入。

12月、クリスマスシーズンのNYを彷彿させる、華やかな表紙だ。

f:id:ICHIZO:20161223065219j:plain

とっても素敵なマダムフローレンス。

メリル・ストリープはやっぱり上手い。そして、ヒュー・グラントのダンディっぷりも光る。

f:id:ICHIZO:20161223065231j:plainパンフレットには、実話の裏話も満載。

いやぁ、凄い歌姫だったのだなぁと、あらためて思った。 

フローレンス・フォスター・ジェンキンス 騒音の歌姫

フローレンス・フォスター・ジェンキンス 騒音の歌姫

 

 関連本も発売されているようで、ぜひ読んでみたくなった。

 


メリル・ストリープ×ヒュー・グラント!映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』予告編


マラソン・ジョギング ブログランキングへ