読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

足柄峠走トレ、痛恨の「上り」〇「下り」✕

Running
スポンサーリンク

先週末、土曜日。

帆@馬喰町での、感動餃子尽くし明けの朝。

f:id:ICHIZO:20161221050850j:plain

僕は、新宿発の特急ロマンスカー、あさぎり1号に乗って…。

f:id:ICHIZO:20161221045958j:plain

富士山の見える場所に向かった。

絶好の空。そして、朝日に照らされた月に感動。

f:id:ICHIZO:20161221050558j:plain

そう。僕はまたも山北を訪れたのだ。

1ヶ月前のリベンジをしたかったし、餃子でいっぱいになったお腹をこなれさせたかった。

そして何より、僕は、山北が好きだった。

前日、深夜まで飲んでいたわりには、身体は快調で、僕は気分よく上り始めた。

f:id:ICHIZO:20161221051201j:plain

中腹の気温は7℃。

普通に歩いていると寒い温度だけれど、走るには最高。天気も含め、申し分のないランニング条件だった。

ということもあって、上りは、いつになく快調。

f:id:ICHIZO:20161221051710j:plain

この辺りではやっぱりちょっと歩いてしまったけれど、それでも、先月よりは、かなりいいペースに思えた。

f:id:ICHIZO:20161221051920j:plain

山頂、足柄万葉公園に到達!

f:id:ICHIZO:20161221051956j:plain

雪を纏った富士山が、最高に美しかった。

よし。今回は順調だ。先月の峠走では、思うように走れず、スピードやスタミナが劣化しているのではないかと嘆いたけれど、もしかすると、杞憂だったかもしれない。

そう感じるほど、今回の上りは悪くなかった。もちろん、道中はめちゃめちゃきつかったが、いいトレーニングになったと思う。

さぁ、これから楽しい下りだ。心おきなくスピードを出しまくるぞ!僕は、意気揚々と急な傾斜を下り始めた。

…が、ここで思いもよらぬアクシデントに遭遇する。

胃痛だ。

このラン以降、僕を継続的に悩ませている、胃痛。

ただ、今回の峠走では、順調に上ってくることができたので、僕は、痛みのことをしばし忘れていた。治ったものかと誤解していた。

しかし、治ってなどいなかったのだ。

峠走の下り。思いっきりスピードを上げようとすると、胃の奥が痛む。だから、その分、セーブせざるを得なくなったのである。

猛烈な傾斜だから、とりあえず前には進む。

しかし、思ったようにスピードが出せないのであれば、せっかく苦労して山頂まで上った成果が無駄になる。

だから、何とか速度を上げようとしたのだけれど…ダメだった。

 

f:id:ICHIZO:20161221054507j:plain

1か月前との比較。

全体タイムとしては悪くない。キロ当たりの平均ペースは、7秒上がっている。

ところが、ラップを比較してみると、愕然。

f:id:ICHIZO:20161221054721j:plain

峠走では、12㎞あたりまでが上り。

前回は、11㎞過ぎからキロ8分ペースになり、上りの最後はキロ9分以上もかかった。

ところが今回は、それより1分以上早い。やっぱり、上りは悪くなかったのだ。

しかし…。13㎞地点以降の下りは、前回よりも明らかにラップが落ちている。

キロ当たりの最速は、4分14秒。

3年前は、余裕で3分台を出せていたし、スピードの劣化を感じた前回でさえ、4分10秒で走れているのに…。痛恨だ。

f:id:ICHIZO:20161221055123j:plain

峠走後は、例によって、極楽の温泉に浸ったのだけれど、その湯の中で、僕は、痛恨の思いに駆られるばかりだった。

胃痛に苦しみながらも、とりあえず走りきれたのは、ひとつの成果だったかもしれない。

しかし、理想のスピードトレーニングができなかったことは、とても残念。

折角山北まで行ったのになぁ…。 

 

 

非常識マラソンメソッド  ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)

非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ