餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

さらば、シャッター爆音。ようこそ、無音スクリーンショット。感動のiOS 10.2がやってきた!!

スポンサーリンク

待望の、そして、念願のアップデートだった。

ついに、夢にまで見た日がやってきた。いったい、この日をどれだけ待っていたろう。

日本ローカルのトンデモ仕様だった「スクリーンショットを撮りたいだけなのに鳴るシャッター音」が消えるのだ。

これで、ようやく…

平気でシャッター音を鳴らす人たちに悩まされずに済む。

電車内でのスクリーンショット撮影には、Androidユーザーもいるのだろうけれど、僕の生活圏ではiPhoneユーザーが圧倒的に多い。

だから、これは本当に嬉しい。

さらに、iOS10以降悩まされていた「シャッター音の爆音化」も是正されているという。これを神アップデートと言わずして、なんと言おう。

リリース直後から、web界隈では話題になっていたけれど、いざインストールしてみるまで、「本当だろうか?」という思いが拭えなかった。

appleの場合、OSのアップデートには、バグが入っていることが多いから、僕は、リリース後、しばらく様子見をするのが常だった。

しかし、今回ばかりは待ってなどいられない。

昨日の昼、早速アップデートしていた職場の友人に、「変化」を実体験させてもらったことで、その思いは募るばかり。

ということで、昨晩、帰宅後に家のWi-Fi環境下でアップデート。

f:id:ICHIZO:20161215052040j:plain

iOS史上に残るアップデートとして、心に刻んでおきたい、iOS10.2。

しかし、その案内には、スクリーンショットの無音化や、シャッター音の是正などについての言及はない。

リリース概要に続いて、延々と詳細説明があり…。

「TV」「絵文字」「写真」「メッセージ」「メール」「アクセシビリティ」などに関する細かい項目が並んでいたが、シャッター音やスクリーンショットに関する記載は、全くなかった

「写真」や「アクセシビリティ」のところには、当然含まれていていい、大きな、大きな改善だと思うのだけれどなぁ…。

結局、 「その他」のところまで読み進めても記載なし。

…と、ここで僕はようやく気がついた。

シャッター音問題については、【日本独自版のローカルアップデート】なので、Appleにおいて、修正という認識はないということなのだろう。

もともと、北米版のiPhoneでは、スクリーンショットで爆音が鳴ったりしなかったからだ。

しかし、リリース内容に記載されていようがいまいが、もはや関係ない。対応、改善されているという事実が重要だ。

ということで、友人に続くべく、僕も意気揚々とアップデートを進めた。

それは至ってスムーズで、ダウンロード、インストールを含めて、20分もかからず…。

f:id:ICHIZO:20161215041623j:plain

ついに、アップデートが完了!!した。

このスクリーンショットを撮った時点では、なぜかシャッター音がしたのだけれど、その音はかなり小さくなっていたので、あの忌まわしい爆音が是正されたことを実感。

あとで気がついたのだけれど、OS更新したのに、スクリーンショットでシャッター音が鳴ってしまったのには、理由があった。

スクリーンショット撮影時、シャッター音を無音化するには、マナーモードに変える必要があったのだ。

 f:id:ICHIZO:20161215041631j:plain

音量ボタンを「消音」にするだけではダメ。

以前に比べると慎ましい音ではあるけれど、やっぱりスクリーンショット時にもシャッター音は鳴る。

f:id:ICHIZO:20161215041639j:plain

しかし、マナーモードにスイッチを切り替えると…。

鳴らない!Bravo!Awesome!

このスクリーンショット画面は、ついに無音で撮影できた。いやはや嬉しい。本当に嬉しい。

僕は心から感動しているのだけれど、ほんの少しだけ不安もある。

今回の劇的な改善は、なぜか(?)突然、iOSのアップデート内容に含まれた。

ということは、突然また、シャッター爆音、スクリーンショット音が復活するのではないか…という不安だ。

前述の通り、iOSのアップデート内容一覧には含まれていない改善内容だけに、本当はバグなのではないか…?次のアップデートでは元に戻ってしまうのではないか…?という微かな思いがよぎる。

それが、僕の杞憂であることを、ただ、祈りたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ