餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

旅好きにはたまらない!JAL「どこかにマイル」開始!!

スポンサーリンク

立案者に喝采。

f:id:ICHIZO:20161213064952j:plain

いやぁ、これは素晴らしい企画だ。

JAL派、赤組の僕としては、拍手を送らずにはいられない。先月、この企画が発表された時から、「粋なこと考えるなぁ…」と思っていたが、実際に、昨日12日から受付が開始されたので、早速試してみた。

 

「どこかにマイル」とは…?

JALのマイレージ会員向けサービス。

JAL搭乗や、買い物などで溜めたマイルを使って、JALで、羽田空港から日本の「どこか」に「参る」ことができるという企画だ。

Webページによると、以下3つのポイントがある。

 往復6,000マイルで、日本の「どこか」に行ける!

f:id:ICHIZO:20161213065159j:plain

通常、羽田発の往復航空券を得るためには、最低でも12,000マイル必要。

北海道や中四国、九州への旅だと15,000マイルかかるし、久米島・宮古・石垣といった離島だと20,000マイルもかかる。

それが、たったの6,000マイルで旅ができるのだ。

行先はお楽しみ…でも、完全に謎というわけじゃない!

f:id:ICHIZO:20161213065610j:plain

予約の際に、JALから4つの候補が提案される。

その中の「どこか」が、行先ということになる。僕は、この提案方法が巧いと思った。完全に謎だと、「ちょっとなぁ…。」と思う人もいると思うからだ。

提案された4つの候補地、それぞれに思いを馳せつつ、かつ、当選のワクワク感も味わえる。素晴らしいじゃないか。

予約してしまうとその時点でマイルは引き落とされ、行き先の発表は3日以内。きっと、ドキドキの3日間になる筈。

JAL仲間の友人と一緒に旅行できる!

f:id:ICHIZO:20161213070238j:plain

これは大きなポイントだ。

友人も6,000マイルを保有していることが条件にはなるけれど、赤組、JAL利用の旅仲間であれば、6,000マイルぐらいは持っている可能性が高い。

旅仲間たちと連れ立って「どこか」に旅ができるのは大きな魅力だと思う。

もちろん、通常の特典航空券同様、配偶者及び二親等以内の親族であれば、申込者本人のマイル引き落としで予約可能。

12,000マイルあれば、夫婦で「どこか」に行くこともできる。これも素敵なメリットだろう。

申込は簡単。だが…条件に注意。

 

f:id:ICHIZO:20161213072552j:plain

検索、申込手続きは実に簡単。

JALの「どこかにマイル」Webサイトで、お申し込みボタンを押せば、すぐに日程と候補地の検索画面になる。

f:id:ICHIZO:20161213073945j:plain

 ただ、その条件には注意が必要。

この企画で申し込める航空券は限られていて、「往路ご搭乗日の1ヵ月前の00:00から、往路ご搭乗日の7日前の23:59まで」となっている。

今日の予約だと、12月20日から1月13日搭乗分までの予約しかできない。年末年始は対象除外日もある*1し、かなり利用範囲が狭くなる。

しかも、今の時期だと、旅先での宿泊先確保にも苦労する筈で、あまり、この企画向きのシーズンとは言えない。

この「どこかにマイル」がいつまで行われるのかは不明だけれど、個人的には、ちょっと落ち着いた春先などに、ふらっと予約してみるのがいいかなぁと思った。

とはいえ、どんなところに行けるのかちょっと気になったので、試してみた。

クリスマス・イブに、「どこか」に行ける!

 年末年始は対象外だが、クリスマス・イブを含む来週末は予約が可能。

ということで、激戦になりそうな条件で予約検索してみた。

f:id:ICHIZO:20161213073658j:plain

出発時間、到着時間は5つの時間帯から選択できる。

だから、今回は、クリスマス・イブの週末を目一杯使う計画で、24日の朝発、25日の夜帰り、大人2名で検索。

これだと、あまり良い条件の候補地は出てこないかもしれないなぁ、と思ったら…。

f:id:ICHIZO:20161213081130j:plain

宇部、大分、鹿児島!

素晴らしいじゃないか。写真では、温泉地が紹介されていて、かなり魅力的。この時期は、暖かいところで温泉に浸かるのが最高だと思うからだ。

ただ、もう1カ所は…女満別。

サロマ湖100kmウルトラマラソンに毎年出ている僕としては、馴染みの空港ではあるけれど、この時期の寒さは…。

選択肢は4つされたものの、便がガラガラっぽい女満別に決まりそうな可能性が高く、となると、かなり悩ましくなった*2

候補地は 何度でも選び直せる!けれど…。

この企画のいいところは、提案された候補地4つがしっくりこなければ、選び直すことができる点。

f:id:ICHIZO:20161213082134j:plain

ということで、同じ条件で、何度も再検索してみた。

f:id:ICHIZO:20161213083332j:plain

徳島、鹿児島、岡山…女満別。

f:id:ICHIZO:20161213083811j:plain

 高松、大分、岡山…そして女満別w

f:id:ICHIZO:20161213083528j:plain

青森、宇部、高松、鹿児島。

このパターンだと、青森に決まりそうな予感。魅力的な場所だとは思うけれど、寒さが苦手な僕には、この時期はやっぱりちょっとつらい。

f:id:ICHIZO:20161213084026j:plain

女満別、釧路、帯広、秋田!

おぉ、これはこれで素晴らしいラインナップ。冬が好き、寒さが好きという人にはたまらないのではなかろうか。

まとめ?

…ということで、色々再検索してみたけれど、なんとなくわかってきたことがある。

「どこか」候補としては4カ所が表示されるものの、(この時期としては)空いていそうな便を含んでいることが多く、結果的には、その便の穴埋めに使われる可能性が高い気がする。

JALも商売。たとえガラガラでも、決められた便は飛ばす必要がある。

ならば、少しでもマイルを消費してくれる乗客で埋めた方がいい。そう考えると、巧い企画だなぁと感服した。

ただ、ガラガラ便に乗せるというのは、あくまで僕の邪推であって、結果はあくまで予約してみないとわからない。

どんな場所に決まるにせよ、たった6,000マイルで往復旅行に出かけられるのは、乗客にとっても大きな魅力。

旅好きにはたまらない、ワクワク感のある素晴らしい企画だと思った。

 


いい日旅立ち 山口百恵 1978.11

*1:羽田発[ご搭乗日] 2016年12月26日(月)~2016年12月31日(土)、羽田着[ご搭乗日] 2017年1月1日(日)~2017年1月5日(木)

*2:実際僕はどこにも行かないのだけれどw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ