読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

荒川河川敷、リベンジラン!30km、何とか完走…。

スポンサーリンク

週末のロングランは、毎週違った場所を走りたくなる。

しかし、この週末だけは、「荒川河川敷しかない!」と、心に決めていた。その理由は明確。何としても…。

一週前に味わった挫折。

このリベンジをしなければならない、と思ったからだ。

河川敷往復、合計30km走るつもりが、激しい胃痛に襲われて、17km地点でリタイア。電車で帰る羽目になってしまった。

仕方がないことではあるけれど、走りきれなかった悔しさで、帰りの電車では本当に切なかった。

この悔しさは、リベンジしなければ晴らせない。

f:id:ICHIZO:20161212041457j:plain

今週も、夜明け前の、赤羽・荒川大橋下からスタート。

僕は、まだ真っ暗な河川敷を、淡々と走り続けた。初めはちょっと寒さも感じたけれど、走っているうちに、ちょうどよくなってきた。

月は沈んでいたが、星がとっても美しく見えた。

f:id:ICHIZO:20161212041519j:plain

北区から足立区へ。

道はまだまだ真っ暗だったが、僕には、このヘッドライト があるので、大丈夫。

その素晴らしさは、先月のエントリーで書いたのだけれど、何度でも書かずにいられない。

何より最高なのが、その軽さ。単3電池1本で駆動し、電池込みで、たった66g程度しかない。ヘッドライトの存在が気にならず、スピードも出せるからだ。

ミッドナイトのトレイルレースなどでは光量不足だと思うけれど、荒川河川敷を走るぐらいなら、全く問題ない。

本当に、買って良かったと思う。

スピードも出せる…とは書いたものの、僕は、それほど早く走れなかった。

胃の(周りの)調子が完調ではなく、少しでもスピードを上げると、やっぱり少し痛む。

ということで、無理せず、レースペースよりも少し遅い速度で、淡々と走りつつづけていると…。

f:id:ICHIZO:20161212041528j:plain

やがて夜が明けてきた。

走りながら見る朝焼けは、本当に素晴らしくて、だからこそ僕は、夜明け前ランを止められない。

河川敷ロードは、いつしか墨田区に突入しており…。

f:id:ICHIZO:20161212041536j:plain

スカイツリーも間近に見えた。

この先を少し進んで、15km地点で折り返し。今回は、17kmあたりになっても、激しい胃痛に苦しむことはなかった。

f:id:ICHIZO:20161212041545j:plain

ということで、因縁の(?)堀切駅も余裕で通過。

f:id:ICHIZO:20161212041615j:plain

足立区へ戻ってくる頃には、すっかり空も明るくなっていた。

f:id:ICHIZO:20161212041656j:plain

振り返れば、眩しい日射し。

夜明け前から河川敷を下流に走ると、復路は、朝日を背中に感じながら走ることになる。

朝日に向かって走るのも楽しいが、とても眩しくて、サングラスが必要になってしまうため、僕は、日射しを背中に受けて走るパターンの方が気に入っている。

日射しはとっても気持ち良かったのだけれど、この日の大敵は、猛烈な風。

復路は、立ち止まると吹き飛ばされそうになるくらいの強風で、いやはやこれが本当につらかった。

でも、それも練習の一環、と思いながら走り続けて…。

f:id:ICHIZO:20161212041708j:plain

 荒川大橋前に帰還。

f:id:ICHIZO:20161212041728j:plain

河川敷往復30kmラン、完走、だ。

週末の30kmランは、月に数回行っていたこともあるから、僕にとって、特に珍しいことではない。

ただ、今回は、先週のリタイアで落ち込んでいたし、身体も完調とは言えないので大きな不安があった。

だから、何とか完走できて、本当に良かった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ