餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

W-ZERO3から11年遅れでやってきた、iOS・Android版「ソリティア」

スポンサーリンク

先月下旬。

マイクロソフト版「公式」ソリティア*1が、ようやく、iOS・Android向けにリリースされた。

ということで、最近、すっかりこのゲームに嵌まっている。

僕は、基本的に反射神経が鈍いし、根気がないし、ルールを覚えるのも苦手なので、ゲームはほとんど無縁。

僕の回りでも大流行した「ポケモンGO」にさえ興味がわかなかったのだけれど、「ソリティア」となれば別。

初期のWindows PCに標準搭載されていた、とてもシンプルなトランプゲームで、僕は、パソコンを初めて買った時に嵌まりまくった。

だから、最近は、通勤時間などの隙間時間に、iPhoneでソリティアばかりやっている。

マイクロソフト版のソリティアは、とても懐かしいゲームだが、僕にとっては、「パソコン以来」のゲームではない。

前述の記事で、「iOS・Android向けにリリース」と書かれているのは理由がある。

今回「ついに」リリースされたのは、「iOS・Android向け」のソリティアであって、「スマートフォン向け」じゃない。

そう。

スマートフォン向けのソリティアとしては、国産スマートフォンの先駆け、W-ZERO3の時代から、標準搭載されているのだ!

ということで、久しぶりに、W-ZERO3でソリティアを立ち上げてみた。

f:id:ICHIZO:20161203080030j:plain

いやぁ、懐かしい。

この端末を入手した11年前も、ソリティアに嵌まりまくったことを思い出す。

f:id:ICHIZO:20161203080152j:plain

マイクロソフト版ソリティアは、いちいちインストールする必要などなく、最初から「ゲーム」カテゴリに存在していた。

それもその筈、W-ZERO3は、Windows Mobile OSのスマートフォン。

だから、ソリティアが搭載されるのは当然の流れで、僕は、何の疑問もなく、このゲームを楽しんでいたのだ。

まさか、そのiPhone版が出るまでに、11年もかかるとは思わなかったけれど…。

ただ、11年も待たせただけのことはあり、そのインタラクティブ性は、W-ZERO3版から大きく進化。

ソリティアだけでなく、他のトランプゲームも入っているし、デイリーチャレンジなどという趣向もあるので、飽きずに楽しめる。

ちょっとした暇つぶしにはもってこいなので、インストールしておいて損はないと思う。

オススメ。

Microsoft Solitaire Collectionを App Store で

Microsoft Solitaire Collection - Google Play の Android アプリ

 

*1:マイクロソフト版以外であれば、これまでにも、多数の類似アプリがあった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ