読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

さよなら…夜明けランロードの猫

Running
スポンサーリンク

僕の1日は、猫とともに明けていく。

毎日、夜明けの時刻から走っていた理由は、もちろん、走ることが楽しかったということもあるけれど、それだけじゃない。

ランニングロード内の公園にいる、野良猫に会いたかったという理由が大きい。

だから、いつも決まって同じ道を走った。僕が走っているのは、かなり早い時間なので…。

f:id:ICHIZO:20161022041147j:plain

こんな風に眠っていることが多かった。

けれど、僕が寝顔の写真を撮っていると、目覚めることもあり、色々なポーズで癒してくれた。

本当に人なつっこい猫で、近寄っても撫でても逃げない。それどころか、僕がテーブルの横の椅子に座ると、膝の上に乗ってきたりもした。

f:id:ICHIZO:20161022041853j:plain

いったん乗ってくると、しがみついて離れなくなるので、再び走り出すのに、苦労したことを思い出す。

雨の日はちょっと寂しかった。

僕は基本的にどんな天気でも走るし、夏などは、むしろシャワーランになって爽快なので、気持ち良く走ったが、いつもの猫は当然いなくなってしまうからだ。

しかし…。

f:id:ICHIZO:20161022042558j:plain

こんな風に、椅子の下で雨宿りしていることもあった!

僕は、「きっと、僕を待っていてくれたのだ」と、勝手に妄想し、とても感激したことを思い出す。

人なつっこいだけに、人気も高く、夜明けの時間であっても、誰かに構ってもらっている姿を何度も見かけた。

お姉さんやオバさんと一緒なのは微笑ましかったが、男の膝の上に乗っているのを見た時は、ちょっと悔しくて、嫉妬までしてしまったほどw

最近は全く見かけなくなってしまったのだけれど、そういう時は以前にもあったし、気まぐれで今は姿を見せないだけだと思っていた。

公園では、時々餌をもらっていたようだったので、いずれまた姿を見せてくれると信じていたのだ。

ところが…。

そんな僕の期待は、思わぬ衝撃で打ち砕かれることになった。

昨日の夜明け前ランの時のこと。

僕は、「今日も、あの猫はいなかったなぁ」と思いながら、ランニングロードを走り続けていると、散歩をしている女性を見かけた。

何回か、公園で、猫と一緒にいた若い女性だ。「この猫、ほんと、人なつっこくて可愛いですよねぇ」とか、世間話も結構した。

その女性の膝の上に乗っていたりするときは、「写真、撮りますか?」と言われ…。

f:id:ICHIZO:20161022043127j:plain

こんな写真を撮らせてもらったこともある。

これまでは、公園で、猫繋がりでしか話をしたことがなかったのだけれど、一応顔見知りなので、僕は、追い越すときに、「おはようございます」と声をかけた。

すると、その女性は、「あら」という表情で僕を見て、「おはようございますー」と返してくれるとともに、「最近、あの猫ちゃん見かけないでしょ?」と僕に問いかけてきた。

この流れだと、走り抜けてしまうわけにいかない。僕は、流石に立ち止まって、話をすることにした。

「そうですねぇ。」と僕は答えた。その女性も、きっと寂しがっているのだろうと思い、「でも、いずれまた現れてくれると思いますよ」と告げようとした。

が、その前に、衝撃的な一言が、その女性から発せられた。

「あの猫ちゃん、私が保護したから。」

…なんと。

飼い猫になってしまったのか。

ならば、もう、公園のテーブルなどで寝ていたりする筈はない。暖かい部屋でぐっすりと安らかに眠れるからだ。

僕は、あの猫にもう会えない衝撃に、一瞬愕然として、言葉を失ってしまったが、何とか気を取り直して、こう告げた。

「そうですか。良かった。」

精一杯の笑顔を作り、そして、再び走り出した。

何が良いものか。僕にとっては、ちっとも良くない。しかし、あの猫にとっては、いい飼い主のもとで過ごした方が、きっと幸せな生活を送れるだろう。

だからこそ、「良かった」という言葉が自然に出てきたのだと思う。

さよなら、夜明けランロードの猫。この1年半、出会えて本当によかった。

同じロードを走るたび、公園を通るたびに寂しくなってしまいそうなので、これからは少しランニングコースを変えようかと思っている。

f:id:ICHIZO:20160911220645j:plain

1ヶ月前、秋ヶ瀬公園へのロングランに向かう途中で寄った時の猫。

あぁ、もう、こんな風に、あの猫を撫でることはできないんだなぁ…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ