読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

何周も巡回したいぐらい楽しかった、シカゴマラソンEXPO

Running
スポンサーリンク

時は、シカゴマラソン前々日。

想定外のアクシデントに見舞われ続けていた頃の話。

その日は、ツアーメンバーで、シカゴマラソンのEXPO会場へ向かう予定になっていた。

僕は、原因不明の目眩と吐き気こそ収まったものの、朝ラン後に浴槽で転倒。

ふくらはぎと臀部を痛めてしまった。

そのため、外出は少し躊躇ったのだけれど、慣れない異国の地。皆と一緒に出ないと、迷う可能性があり、そうなると痛めた身体には厳しい。

幸い、歩くだけならそれほど痛みも出なかったので、僕は一緒に出かけることにした。

 シャトルバスは、スクールバス!

会場へは、市内各所からシャトルバスが出ていた。

幸い、僕の泊まっていたホテルの近くにもバス停があり、割とスムーズに出かけることができた。

このバスが…。

f:id:ICHIZO:20161016195958j:plain

なんと、スクールバスだった。

通学時間後のバスを、そのまま流用しているということだろうか。そうだとしたら実に合理的だ。

黄色くて目立つし、この歳でスクールバスに乗る経験はなかなかできないから、面白かった。

会場到着!~ナンバーカード受け取り

f:id:ICHIZO:20161015074115j:plain

バスに乗って、15分ほどで会場到着。

入口は広く開放されており、選手と一般入場者の区別はなく、誰でも、どこにでも入れるスタイルになっていた。

入口を入ってすぐにあるチェックポイントにカウンターがあり、そこで、PC画面による照合を済ませると…。

f:id:ICHIZO:20161015074206j:plain

奥にある受付では、ナンバーカードがすでに用意されていた。実にスムーズ。

どうやら、入口のチェックポイントと受付がオンラインで繋がっており、チェックが終わった時点で、向かってくるランナー用のものが準備されているようだ。

この日は空いていたから、受付もスムーズだったけれど、探す時間が入ると、受付が行列になってしまうので、これもまた合理的なシステムだなぁと思った。

 いざ、EXPO会場へ!

f:id:ICHIZO:20161015074225j:plain

 ナンバーカードを受け取ると、僕らは、EXPO会場へ向かった。

f:id:ICHIZO:20161015074307j:plain

会場内はとても広い空間だった。

僕らが訪れたのは、まだ金曜日の午前中だったので、それほど混んでいなかったのも良かった。

広さとしては、東京マラソンのEXPOも同じようなスケールだと思うけれど、東京ビッグサイトよりも、明るくて伸び伸びした雰囲気を感じた。

ビッグサイトのEXPO会場は、コの字型になっているが、こちらはワンフロアだからかもしれない。

色々なブースやアトラクションがあって目移りしたが、まずは、参加賞のTシャツを受け取けとりに向かうことに。

参加賞のTシャツは、その場で試着可能。そして…。

f:id:ICHIZO:20161015074517j:plain

参加賞Tシャツの受取所。

サイズは、S、M、L、LLなど各種揃っていた。僕は、日本では通常Mサイズなのだけれど、アメリカンサイズであることを考慮して、Sを選択していた。

ナンバーカード受付でもらった封筒を提示すると、すぐ、Tシャツを受け取ることができた。ビニール袋などには入ったおらず、素のまま。

なぜ、素のままかというと…。皆、その場で試着していたから。

そして、もしもサイズが想定と違っていたなら、すぐ横にある「T-Shirt Exchange」のゾーン(これがまた広い!)で交換可能。

いやぁ、これもまた実に合理的で便利なシステムだ。僕も実際に試着してみたが、僕の場合は、やっぱりSでジャストサイズだったため、交換の必要はなかったけれど。

アトラクションも、ブースも楽しい!

EXPO会場内では、さまざまなアトラクションが展開されていた。

f:id:ICHIZO:20161015074336j:plain

ランナーに向けての講演会や…。

f:id:ICHIZO:20161015074420j:plain

 アクロバット的なイベント。

f:id:ICHIZO:20161015074254j:plain

DJイベント。

f:id:ICHIZO:20161016194415j:plain

ビールが飲める!バスまであったりした。

とりわけ充実していたのは、協賛企業各社によるブース。そこでは、単に試供品を配るだけではなく…。

f:id:ICHIZO:20161015074439j:plain

f:id:ICHIZO:20161015074454j:plain

こんな感じのゲームで、各種景品が貰えるところも多々あった。

東京マラソンEXPOでも、同様のブースはあるが、「ランナー限定」「チケット制(1人1回のみ)」だったりするのが普通。

しかし、シカゴマラソンのEXPOは、違う。限定枠など何もなく、誰でも、何回でも参加できるのだ。

試食品、試供品も配りまくり。

僕は、いちいち写真をとったりするときりがないので、やめてしまったけれど…。

f:id:ICHIZO:20161016193914j:plain

こんなものが、いくらでも貰える。

中には、「箱ごと(1ダース)もっていっていいからね!」などと叫んでいるブースもあった。

いやはや何ともスケールが凄い。

僕は、足も完調ではなかったし、早くホテルに帰ってゆっくりしたかったので、早々に引き上げてしまったが、時間があれば、何周でもしたいぐらい充実していた。

何周もしたら、おそらく、お腹いっぱいになってしまうんじゃないかと思うけれどw

寄せ書きに残したメッセージは…。

f:id:ICHIZO:20161016194705j:plain

会場の片隅には、寄せ書きを書き残せるオブジェがあった。

もちろん、僕もメッセージを書き残しておくことにした。枠がかなり埋まって、スペースが殆どなく、苦労したけれど…。

f:id:ICHIZO:20161016195017j:plain

GYOZA RUNNER ICHIZO IN CHICAGO.

餃子ランナー見参の印だ。

その後…。

オブジェの近くにあった、ワールドマラソンメジャーズのコーナーで、記念写真を撮影。

シカゴマラソンへ向けて、気分が高揚してくるのを感じた。

僕は、シカゴに着いて以来アクシデント続きで、気持ちが少し落ち込んでいたのだけれど、とっても楽しいEXPO会場に元気をもらった。

さぁ、いよいよまもなく、レース本番だ!

(以下、続く。)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ