読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

異国レース直前。想定外のアクシデント…。

スポンサーリンク

まさか、と思った。

何年かに一度、定期的にやって来る謎の発作。猛烈な目眩と吐き気が、異国に着いたばかりの僕を襲ったのだ。

嘘だろ、ここで、これが来るのはやめてくれ。

しかし、そんな思いとはうらはらに、僕は平衡感覚を失い、その場に座り込んでしまった。

空港に到着した時点までは、全く問題なかった。

f:id:ICHIZO:20161008200501j:image

こんな写真を喜んでSNSに上げているぐらいだから、能天気に楽しもうとしている。

ところが。

ターミナルから、エアシャトルで移動。その後、市内中心部に向かうCTAトレインに乗ろうとしていたコンコースの中で、僕は、突然発作に襲われた。 

空港から市内中心部までの乗車時間は、たった30分程度。しかし、その30分が耐えられなかった。

混雑した電車の中で、振動に揺られていると、目眩がさらに酷くなり、時折、猛烈な吐き気が襲ってきた。

何度電車を降りたろう。そのたび、ベンチで苦しんでいたため、何人もの人に「Are you OK?」と声をかけられた。

僕は、全くOKではなかったのだけれど、こういう状態の時に、英語でどのような答えをしていいかわからなかったので、「OK.Thanks」と答えて凌いだ。

僕は、自分の語学力のなさを恨めしく思いながらも、しかし、そんな思いも、すぐに、気分の悪さで吹き飛ばされた。

とにかく早く横になりたい。楽になりたい。そう思って、電車に何度も乗り直し、ホテル近くの駅にたどり着いた。

しかし…そこから先がまた、長かった。

ホテルには、午後1時ごろに到着。しかし、チェックインは、午後4時からになっていたため、まだ3時間もあるのだ。

とりあえず、重たいスーツケースは預かってもらえたけれど、チェックインの時間まで入室はできない、と言われた。

僕は、いったんホテルの外に出て、街をさまよった。しかし、そこは異国。勝手がまるでわからない。小雨もそぼ降る中、僕は眩暈と吐き気に苦しみ、安住の地を見つけることができなかった。

実際、耐えられず、道路脇で嘔吐までした時は、もうダメだと思った。このまま、外をさまようのは危険だ。

僕はとりあえずホテルに戻り、ロビーで休ませてもらうことにした。ロビーにはトイレもあるし、状況を考えると、それが一番ベストな選択に思えた。

そのあとも、僕は延々と苦しみ続けた。トイレで何度も嘔吐を繰り返しているうち、胃がカラになってしまったような気分になったが、それでも、まだ吐き気は収まらなかった。

ロビーの椅子と、トイレを行き来しながら、ぐったりしている僕を、見るに見かねて、フロント係の人が声をかけてきた。

やはりここでも「Are you OK?」と問われ、流石にOKとは言えずに苦しんでいると、医者を呼ぶか?というようなことを言われた。

いやいやいや。僕はぐるぐる回る頭でも、それだけはまずいと思った。米国で医者などにかかったら、莫大な料金がかかる。カードでの旅行保険は効くかもしれないが、その保証はない。

僕は、過去の経験からして、横になって休めればおそらく回復すると思っていたので、苦しみながら「I'd like to lie down」と訴えた。

フロント係の人は、僕に同情の表情は見せてくれ、いったんは部屋の状況を確認してくれたものの、やはり、まだ入室はできないという回答を受けた。

僕は大いに落ち込んだが、その時点で、チェックインまであと1時間半。なんとかそれだけ堪え切れれば楽になれる。その思いで、僕は、ロビーの椅子に深々と座りこんだ。

午後3時過ぎ。

まだチェックイン時刻までは1時間足らずあったが、突然、事態は変わった。入室が許されることになったのだ!

ホテルの責任者らしき人がやってきて、苦しむ僕に、特別扱いをしてくれることになった。僕は、望外の出来事に、大いに感謝し、何度もお礼を言い、そして、部屋に入ったとたん、ベッドに倒れこんだ。

その後…いったいどれくらい眠ったろう。深夜に目が覚めた時には、空腹を感じるほど、体は回復していた。

せっかく、朝一番の飛行機で到着したのに、丸1日を無駄にしてしまったけれど、最悪の事態にならなくて、本当に良かったと思う。

僕は、カラになっていた胃を刺激しないよう、わずかばかりの栄養を補給。その栄養が回復に繋がることを信じて、もう一度眠った。

翌朝、またしても想定外の事件が起きるなんて、思いもよらずに。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ