読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

雨の河川敷ラン、橋の下エイド!

スポンサーリンク

先週土曜。10月1日。

僕は、夜明け前の荒川河川敷に赴いた。9月のランは、雨ばかりだったけれど、10月に入っても、また、雨だった。

ただ 、僕は、1週間後にはレースが控えているので、ペースランをしておきたかった。

ラン後に出勤することを考えると、家の近くで走る方が手軽なので、少し迷った。

しかし、そうすると、猫ウオッチしながらの、ゆったりランになってしまうのが常なので、ペースラン練習ができない。

ということで、ストイックに走れる河川敷を選んだのだ。

f:id:ICHIZO:20161006083248j:image

河川敷に着いたのは午前5時少し前。

まだ夜が長くて、真っ暗だ。今回は上流方面へ向かって走ることにした。

小雨が降りしきる中、ストイックに走り続けていると…。

f:id:ICHIZO:20161006065434j:plain

橋の下、道の真ん中に何かがいる。

猫だ!

荒川河川敷で猫を見かけることは珍しいことではないのだけど、大抵は道の端にいて、すぐ草むらに隠れてしまうのが、いつものパターンだった。

河川敷は、ランナーや自転車が多いため、いつもは密かに過ごしているのだろう。

ただ、この日は雨で、しかもまだ早朝だったため、猫も油断(?)していたのか、道の真ん中でくつろいでいた。

そして、それを見て僕もなんだか心が安らいだ。レースペースで走って、ちょっと疲れていたので、絶好の猫エイドだ!

僕が喜んで近づいていくと、猫は、ささっと道の端に逃げてしまった。

でも、そういうときのために、望遠カメラがある。僕は、猫を刺激しないように遠くから、ズームで寄って…。

f:id:ICHIZO:20161006065351j:plain

撮影に成功。

つぶらな瞳の可愛い猫だった。その後、少し近づいていくと、やっぱり猫は遠くへ逃げ込んでしまった

f:id:ICHIZO:20161006065503j:plain

その後、さらに雨脚は強まって、帰り道はずぶ濡れに。
しかし、もともとシャワーランは嫌いじゃないし、雨粒が冷たくて、気持ちよく走れた。

猫に癒されたのはよかったけれど、結局猫の写真を撮って走るなら、河川敷じゃなく、近所を走っても同じだったかもしれないw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ