読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

あぁ、BlackBerryのスマートフォン生産、打ち切り…。

スポンサーリンク

どうにもこうにもやりきれない。

今日も、いつもどおり夜明け前に走ってきたばかりなのだけれど、走っている間じゅう、心の中はモヤモヤしていた。

折角久しぶりに涼しくて、気持ちの良い陽気だったのに、なんだかスッキリしなかった。

起きてすぐ、家を出る前に、このニュースを知ったからだ。

僕がこよなく愛し続けてきた端末、BlackBerry。

そのスマートフォンが、生産打ち切りになるという発表だった。

これまで、同様の噂は何度も流れてきていたので、今回も、「嘘だ!」「デマだ!」と思いたかった。

しかし、今回は、嘘でも、デマでもなかった。

BlackBerry社の公式ブログで、しっかりとそれは記載されている。

最近の状況を考えると、打ち切りは時間の問題と覚悟していたけれど、実際に公式発表されてしまうと、切ない思いがこみ上げて泣きたくなる。

まさか、こんな日が来てしまうなんて、本当に切ない。

日本では、ニッチな端末という位置づけにしかならず、docomoからも、数年前に撤退してしまっていたけれど、世界市場においては、まだ生き残ってくれると信じていたので、このニュースは本当にショックだった。

BlackBerryについては、思い出が多すぎて、書きたいことも山ほどある。

正直に言うと、9900以降の方向性については、納得いかないことも多かった

看板である筈のハードキーを捨て、フルタッチ端末に注力し始めた頃から、迷走が始まった気がする。

その後、形だけハードキーは復活したものの、その操作性は大きく変化し、9900の快適性とはほど遠いものになってしまったと思う。

ただ、やっぱりBlackBerryには未来があると信じていた。

OS10は失敗に終わってしまったけれど、Androidを武器に、ハードキーを生かした、究極の、新しい端末が生まれることを願っていた。

しかし…。

もう、BlackBerryの新しい端末に出会うことはできないのだなぁと思うと、本当に切ない。

ならば、愛しの9900を壊れるまで使い続けよう…ということもできない。

9900を支えるBIS(ブラックベリーインターネットサービス)が、来年の3月末をもって使えなくなってしまうからだ。

そのあと、僕はいったいどうすればいいのだろう。

あぁ。

f:id:ICHIZO:20160930041112j:plain

 

 


 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ