読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

極上の爆音に痺れながら見た、2回目の「シン・ゴジラ」

Movie
スポンサーリンク

ロードショーで、邦画を2回見るなんて、いつ以来のことだろう。

もしかすると、生まれてはじめてかもしれない。

僕は基本的に洋画派なので、邦画自体滅多に見ないし、新しもの好きだから、洋画でも2回は滅多に見ない。

しかし、この映画だけは、別格だった。

とにかく、何から何まで破天荒で、圧巻。

1回見ただけでは、「小ネタ」に気がつかない点も多々あったため、それらを確かめたい気持ちもあって、絶対にもう1度見に行こうと決めていたのだ。

初回は、IMAXで鑑賞したため、2回目は違った形で見たかった。

ということで、8月下旬。休日出勤の振替日を利用し…。

f:id:ICHIZO:20160903154348j:plain

立川シネマシティの、極上爆音上映で見ることにした。

週末は、爆音上映回が大人気で、なかなか良席がとれなかったが、平日ならば大丈夫。

その上、シネマシティの会員になると、実にお得な料金で鑑賞できるというのもポイントだった。

f:id:ICHIZO:20160903160231j:plain

なんと、たったの1,000円で鑑賞できるのだ!
6ヶ月会費で600円がかかってしまうけれど、それでも1,600円。実に安い。

たとえ会員にならなくても、爆音鑑賞にあたっての特別料金はかからないので、その点でも、IMAXに比べて良心的な価格設定だ。(IMAX上映の場合は、通常料金+600円が必要。)

立川までの電車賃がかかってしまうじゃないか!というツッコミが入りそうだが、立川は、美味しい餃子店も沢山あるので、アフター映画を含めて予定が組めれば、全く問題ないと思う。

で…。爆音の感想。

いやぁ、痺れた!

まさに、極上の夢心地。立川まで遠征して、本当に良かった。これまでに経験したことがないド迫力のサウンドを、最高の映画で味わえる幸せ。いやはやたまらない。

僕は、この映画を見るのが2回目なのに、ますますこのその魅力に取り込まれてしまった。

「爆音」というと、「うるさいんじゃないか?」と思われる人もいるかもしれない。

実際、僕も、鑑賞前は少しだけ、そんな思いを抱いていた。しかし、それは全くの杞憂。

爆音は爆音でも、まさに「極上爆音」という名がふさわしく、身体に心地良い痺れをもたらすサウンドだったからだ。

実際に、椅子が震えているんじゃないかと思うほどの地響きに包まれて、僕は2回目のシン・ゴジラを堪能した。

初めて見た時も、通常の上映方式ではなく、「IMAX」上映だったため、迫力は十分すぎるほどあった。

個人的な印象で言うと、全体的な映像の迫力は、「IMAX」の方が上だと思うし、音に関しても、総合的には、「IMAX」が優れているのかもしれない。

しかし、こと、ゴジラが動くシーンや、ゴジラとの戦闘シーンに関してのサウンドに関しては、圧倒的に爆音上映が素晴らしい。

だから、その極上サウンドを体験するためだけにでも、立川に遠征する価値はあると思う。

今回、僕はシネマ・シティの半年会員になってしまったので、あと6ヶ月間はお得な料金で鑑賞可能。だから、また、爆音を体験しないと勿体ない。

ということで、会員期間のうちに、また、爆音を体験しに、立川遠征しようかと思っていたら…。

図らずも、ちょうど今日から、こんな企画も始まっていた。

いやはや、そのラインナップが凄い。

「地獄の黙示録」「タクシードライバー」「パシフィック・リム」「バトルシップ」「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」

どれもこれも、爆音上映での迫力が期待できそうな映画ばかりではないか。

いやぁ、これは楽しみだ。

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ