読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

餃子、新時代!「関西ウォーカー」渾身の餃子特集号が発売!!

餃子 Magazine
スポンサーリンク

いい時代になったものだ。

昨日、8月9日発売の関西タウン誌が、東京にいながらにして、発売日当日に入手できるなんて。

僕は、喜びを隠せなかった。

「関西ウォーカー」は、その名の通り、基本的には、関西地区限定のリージョナル雑誌で、関東圏書店での入手は困難*1

しかし…。

今やネットの時代。ネットの世界においては、地域限定も何もない。

僕は、昨日の朝、この雑誌で餃子特集号が発売されることを知り…。

f:id:ICHIZO:20160809214846j:plain

関西ウォーカー 28年08/23号:Amazon

夜にはゲット。

注文時点では、特集内容を細かく確かめることはできなかったのだけれど、期待以上のものだった。

f:id:ICHIZO:20160809214912j:plain

特集名は、「餃子新時代!」。

ということで、新規オープンの餃子店や、新しいコンセプトの餃子が満載。全89皿、オールカラー23ページにも及ぶ充実内容になっていた。

f:id:ICHIZO:20160810052420j:plain

コンテンツを眺めているだけで、心が躍る。

その内容は、どれもこれも魅力的なのだけれど、あまり細かく紹介すると、引用の範囲を超えてしまいそうなので、簡単に^^;

f:id:ICHIZO:20160810053840j:plain

'16オープン気鋭の支店として、「あの」GYOZA OHSHOが紹介されていたり…。

f:id:ICHIZO:20160809214926j:plain

f:id:ICHIZO:20160809214958j:plain

空前のブーム、と称してさまざまなジャンルの餃子が紹介されていたりした。

f:id:ICHIZO:20160809215014j:plain

関西地区各所の有名店も、マップつきで掲載。

「関西ウォーカー」であるから、掲載されているのは、当然、関西圏のお店ばかり。だから、それ以外の地区の人には、役に立たないかもしれない。

しかし、たとえ、すぐに使わなくても、もしも餃子が好きで、いつか関西に行く機会があり得るならば、入手しておいた方がいいと思う。

雑誌は、基本的に「売り切り」媒体なので、発売期間を逃してしまうと、後々、入手することが困難になるからだ。

税込480円で、送料もかからないので、餃子好きなら、ゲットしておいて損はないと思う。超オススメ。

僕は、ちょうど今月、関西出張が控えているので、最高のタイミングでの特集だった。

f:id:ICHIZO:20160809215027j:plain

以前に買った、Meets Regional*2とともに携えて、関西の餃子を堪能したいと思う。

 

関西ウォーカー 28年08/23号

関西ウォーカー 28年08/23号

 

 

*1:一部大型店では発売。

*2:京阪神エルマガジン社発行の、関西地区タウン誌。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ