読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

デジカメ落下!に伴う、夜明けラン時のプチストレス

Gadget Running
スポンサーリンク

毎日のランに、デジカメは欠かせない。

ちょっとした撮影ならば、iPhone SEでも事足りるのだけれど、僕の場合、ランニングロードの途中にいる猫を撮影するのが好きなので、その時はもっぱらデジカメを使っている。

猫が、iPhoneのシャッター音を嫌うことと、iPhoneでは望遠撮影ができない*1からだ。

最近は、夜明けの時間が遅くなってきて、走っている間はまだ暗いことも多いので、iPhone SEではちょっと厳しい。

僕がランニングのお供に選んでいるカメラは、PowerShot SX610 HS。

PowerShot SX610 HSSX610購入の最終的な決め手は、コストパフォーマンスだったが、もちろん、僕の必要条件を全て満たしていたという点が大きい。
具体的には、「暗所」「ズーム」「機動性」という点。どれも、iPhoneのカメラが苦手な分野だ。

これは、購入直後のエントリー時に書いたものだが、まさに、その期待通りの活躍をしてくれていた。

ズームは素晴らしいし、コンパクトだし、撮影後には、画像をすぐにiPhoneへ転送できて快適。まさに、夜明けランには欠かせないカメラになっていた。

ところが…。

最近はちょっと悩ましい事態が発生してしまっている。少し前の週末ランで、思いっきりこのカメラを落下させてしまったからだ。

落下直後、僕は、目の前が真っ暗になったが、レンズは割れておらず、外見的にも大きな支障はないようだった。

ということで、ひとまずホッとしたのだけれど、やっぱり問題は発生していた。

f:id:ICHIZO:20160805034545j:plain

一見、何の問題もないように見えるのだけれど、カメラのスイッチをONにすると…。

f:id:ICHIZO:20160805034601j:plain

 シャッターの羽根が半開き…orz

f:id:ICHIZO:20160805034626j:plain

当然のことながら、まともに撮影できない状態。

羽根を手で押し広げれば開くのだけれど、スイッチをONにするたびにその作業を行うのは、本当に憂鬱だ。

しかも、広げる際に、手の指紋などがついてしまうため、それも拭かなければならないというのが、実に面倒。

カメラの内部には問題が発生していない(と思う)ので、開いてしまえば、撮影はできるのだけれど、この障害のおかげで、肝心の「機動性」という点が大きく失われてしまった。

しかも、スイッチをOFFにする際、今度は、広げた羽根がまともに閉じなくなっているため、手動で閉じなければならない。

ということで、夜明けランが終わると、僕は毎日プチストレスを感じている。

f:id:ICHIZO:20160805053232j:plain

今日も、猫は可愛く撮れたのだけれどなぁ。

うーん…。

 

 

 



 

*1:デジタルズーム機能があるにはあるが、画質が落ちるし、それほど遠くからは使えない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ