読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

適度な雨は、真夏ランの味方。でも、ゲリラ豪雨は…。

スポンサーリンク

どう考えても天気がおかしい。

連日、未明から激しい雷雨が続いている。いったん止んだと思っても、突然、また降り出してくる。

雷は夏の風物詩だけれど、僕が子供の頃は、決まって夕方にやってきた記憶がある。それが今や、朝、昼、晩。片時も油断ができない天候だ。

「夕立」という、素敵な響きの大和言葉、夏の季語が、今や死語になりつつあり、「ゲリラ豪雨」などという、忌まわしい名称にとってかわってしまっている。

これはもう、完全にスコールじゃないか。いつから日本は熱帯地方になってしまったのだろう。

f:id:ICHIZO:20160803055023j:plain

今日の午前3時50分。

僕がそろそろ走り始めようかと思っていた時間の、関東地方の雨雲状況だ。赤い部分は激しい雨。

最近は、家を出る前に、これを確認しないと、夜明けランに出られないような状況になっている。

以前から何度か書いているのだけれど、僕は、この時期、雨の中を走るのは嫌いじゃない。雨粒が心地良くて、涼しく感じるからだ。

そう。まさにシャワーラン。

スーツ姿だと、少し歩いただけでも嫌になるが、ランニングスタイルならば、雨は最高の季節なのだ。

しかし…。

それも、ある程度予測できる場合に限る。まさにゲリラ的に、いきなり降ってこられると、ずぶ濡れになってしまう。

最近は、自家製ポンチョ*1を携帯して走るようには心がけているけれど、忘れてしまう時もあるし、あまりにも凄い雨になってしまうと、それでも凌げない場合がある。

今日は、それほど凄い雨ではなかったし、走っているうちに止んだので問題なかったのだけれど、止んだら止んだで、今度はいきなり蒸し暑くなってきた。

この蒸し暑さが、ランニングにはたまらなく不快。雨粒の刺激が心地良かっただけに、尚更気持ち悪く感じるし、ポンチョが今度は邪魔になる。

ゲリラ豪雨現象が起きると、こういった変化が急激なのも大きな特徴。

いやはや、本当に憂鬱だ。

 

(アシックス)asics ランニングポンチョ XTG162 00 クリア F

(アシックス)asics ランニングポンチョ XTG162 00 クリア F

 

 

*1:透明ゴミ袋を切って、首と手を通せるようにしたものw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ