餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Running in the rain is nice . But , iPhone is ...

スポンサーリンク

今日は、久しぶりに雨の中を走った。

週末ロングラン、18km。とっても気持ち良く走れた。サロマでは苦い思いをさせられたけれど、僕は、基本的に、雨の中を走るのは嫌いじゃない。

サロマでの失敗は、雨というよりも、防寒対策の欠如。今の東京を走るのであれば、蒸し暑いよりは、シャワーランの方が断然気持ちいい。

雨が降っていると、僕は、透明ポンチョ(ゴミ袋)をかぶって走る。それで身体が濡れるのは保護できるし、ランニング時の携帯アイテムについても、概ね問題ない。

f:id:ICHIZO:20160709091835j:plain

GPSウオッチのGarmin、ウェアラブルガジェットのNike+ Fuelband SE,Jawbone UPは、皆、日常生活用の防水機能が装備されている。

だから、雨に濡れても全く心配無用。

しかし、雨の日のランニング時に、悩ましいアイテムがひとつだけある。

f:id:ICHIZO:20160709091851j:plain

iPhoneだ。

哀しいかな、僕のランニング時必携アイテム中、iPhoneだけが、防水対応ではない。

僕は、以前から、雨の中でのランになると、防水iPhoneの登場を夢見続けてきた。

その思いは、以前、このエントリーで長々と書いたので、今回は繰り返さないけれど、いつまで経っても、防水iPhoneが登場する気配はない。

ライバル(?)*1である、XperiaやGalaxyでは実現できているのに、なぜ、iPhoneには、防水機能が搭載されないだろう。僕には不思議でならない。

防水ケースをつければいいじゃないか?と思われるかもしれないが、そうすると、iPhone SEのコンパクトさがスポイルされてしまう気がして、どうにも踏み切れずにいる。

僕は、iPhone5以来、4インチiPhoneのサイズ感に痺れていて、だからこそ6シリーズは完全にスルーし、SEの登場に喝采したほど。

だから、防水ケースを装着することで、iPhoneの筐体がごつくなってしまうのはどうにも避けたいのだ。

果たして、この秋発表される(筈の)iPhone 7(?)で、防水機能は搭載されるのだろうか。

6以降のiPhoneは、その筐体サイズがどうにも納得いかないけれど、もしも防水機能が搭載されたら、僕の心は大きく揺らぐ。

最高なのは、iPhone SEの「防水バージョン」が登場してくれること。たとえ、現SEからの変更点が「防水」ということだけでも、僕は乗り換えると思う。

あぁ、でも、また夢に終わってしまうんだろうなぁ…。

 

VersionTech 改良版 防水ケース カバー iPhoneSE/iPhone5/iPhone5s対応

SE対応の防水ケース。

セール価格で1,700円程度。評判は上々のようだし、思っていたほど高くない。この価格ならば、納得できずに無駄になっても諦めがつくので、買って試してみようか…思案中。

*1:Appleとしては、ライバルと見なしていないかもしれないけれどw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ