読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

マラソン大会前日の朝だから…「王将の水餃子」が最高!

スポンサーリンク

マラソン大会の前日は、身体に十分なエネルギーを補給する日。

好きなものを、好きなだけ食べていい、最高の1日だ。

レース直前は、体重を増やさないよう、炭水化物、糖質を控えめにしてきたが、前日は、むしろそれを積極的に食べていいというのが素晴らしい。

特に今回は、100kmレースの前なので、いつも以上にたっぷりと補給する必要がある。

ということで…昨晩の帰宅途中。まずは朝食に何を食べようかと考えながら、ふらふらと街を歩いていると、ふと、「餃子の王将」が目に入った。

僕は、その時、「そうだ、これだ!」と思いたち…。

f:id:ICHIZO:20160625054325j:plain

生餃子を購入。

そう、これを朝食にするのだ。皮で炭水化物がたっぷり取れる上、野菜と肉もバランス良く入っているし、ニンニクたっぷりでスタミナも十分。まさにレース前日向きの完全食ではないか。

マラソン前日食としての大きなポイントは、「焼餃子」ではなく、「水餃子」で食べること。

冒頭で、レース前日は何を食べてもいい日、とは書いたけれど、あまりに油っぽいものを食べると、胃に負担がかかって、レース中に影響の出る可能性がある。

ので、できる限り油ものは避けた方がいいからだ。

王将の餃子は、皮にラードが練り込まれているため、家庭で焼くと、かなり油っぽくなってヘビーだ。平日ならば何の問題もないが、レース前日は避けた方が無難。

ということで、僕は、水餃子の朝食をとることにした。

水餃子…と言っても、単に王将の生餃子を「茹で上げるだけ」なので、実に簡単。

f:id:ICHIZO:20160625054809j:plain

あっという間にできた。

茹でると、皮からラードが抜けて、油っぽさがなくなるし、しかも、もっちもちになって、「これが王将の餃子?」と思える程、食感が変わる。

僕は、家で食べるなら、むしろ水餃子の方がお気に入りなのだ。

2人前12個。

いやぁ、メチャメチャ美味しかった。あっという間に完食。もっちもちの皮と、ザクザクの具のハーモニーが素晴らしい。ニンニクもしっかり効いていて、身体にエネルギーが満ちあふれてきた。

サロマの発走まで、もう、24時間を切っている。不安も少しあるけれど、期待の方が断然大きい。

餃子ローディングで得たパワーを、明日のレースに繋げていきたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ