餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ウエストポーチ「RUNFIT」のサイズ比較で迷ったら…。

スポンサーリンク

今や、毎日のランに欠かせなくなった、ウエストポーチの「RUNFIT」。

その素晴らしさについては、以前のエントリーで詳しく書かせていただいたのだけれど、ひとつだけ、気になる点があった。

そのサイズだ。

 実を言うと、このポーチを買う際に、かなり迷った。僕のウエストサイズが、ちょうど、MとSの境界に位置していたからである。

f:id:ICHIZO:20160621041445j:plain 【特別仕様ランナーポーチ】ランフィット RUNFIT

僕のウエストサイズは76cm。それに対して、RUNFITの規格は、Sが69~76cm、Mが76~84cm。

数値上はどちらも選べるため、かなり迷ったが、最終的には、Webサイトでの案内に従うことにした。

優しいフィット感を好まれる方、物を多く持ち運ぶ方はワンサイズ上をお選びください。

というアドバイスに従ったのだ。

で、Mサイズを気に入って使っていたが、走っている時、僅かながら腰の周りでずれるのが気になった。

入っているものが落ちる、というほどのものではないが、なんとなく気になる。

「慣れ」で解決できそうなレベルではあったのだけれど、一回り小さいサイズのほうが、ぴったりフィットして気にならないのではないか、という思いが頭をもたげてきた。

そう思うと、いてもたってもいられなくなった。サロマまでは、もう、あまり時間がない。迷ったならば、実際に比較してみよう。

f:id:ICHIZO:20160621041157j:plain

ということで、Sサイズを追加購入。

色はイエローにした。僕のようなオッサンが腰に巻くには、ちょっと派手なような気もしたのだけれど、ランニングスタイルならば、そんなに気にならない。

僕の場合、真っ暗な道を走ることも多いので、ちょっと派手な方が目立って安全だ。

f:id:ICHIZO:20160621041211j:plain

 2本を並べてみた。

サイズが違うのだから当たり前なのだけれど、想像以上に幅が異なっていた。Sはやっぱり小さい。

被ろうとしたとき、腕を通すのにちょっと苦労したほど、大きさが違う。伸縮性が抜群だから、結局は腰に巻けたが、やっぱりちょっときつい。

装着し、2日間ほどランしてみた感想は…。

「息苦しい」

ウエスト76cmの僕が、S(69~76cm)を使うのは、やっぱりちょっと無理筋だったかもしれないと思っている。

フィット感というよりは、息苦しさが先に立ち、伸び伸びと走れない。

やっぱり…

優しいフィット感を好まれる方、物を多く持ち運ぶ方はワンサイズ上をお選びください。

という、Webサイトの説明は正しかったのだ。

ただ、キツイからと言って、このまま眠らせてしまうには、どうにも勿体ない。

Sを使っても、息苦しくならないようにするため、ダイエットしようか検討中。もう少し痩せれば、薄着の夏はSを使って、着込んで走る必要がある冬はMを使えるし…。

【特別仕様ランナーポーチ】ランフィット RUNFIT 日本製 高撥水機能 ランニング・ウォーキング・自転車・フィットネス・ボルタリング・登山・旅行などに【TV・雑誌掲載】 (L, ネイビー)

【特別仕様ランナーポーチ】ランフィット RUNFIT

  • 出版社/メーカー: プロビティー
  • メディア: その他
 

 


 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ