餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

これは快適!ランナー用ウエストポーチ「RUNFIT」に痺れたっ!!

スポンサーリンク

先月末。

僕は、東京の街を50km走るイベント、「東京ウルトラマラソン」に出走した。

僕らの組は、女子の国際資格を持つエリートランナーが引っ張ってくれたのだけれど、そんな彼女が、腰に装着していたアイテムが、これだった。

f:id:ICHIZO:20160616033239j:plain

【特別仕様ランナーポーチ】ランフィット RUNFIT(M, ロイヤルブルー)

RUNFIT。ランナー用のウエストポーチだ。

イベント時、彼女が非常に便利そうに使っており、かつ、強く推薦を受けたため、それ以来気になっていた。ということで、先週購入。

以後、しばらく使っているのだけれど、想像以上に素晴らしかった。

これは、サロマ湖100kmウルトラマラソンでの大きな武器になると、僕は確信している。

それほどまでに快適だ。

このポーチの、いったいどんな点が素晴らしいのか。簡単にご紹介させていただくことにしよう。

とにかく軽い!腹巻きタイプのウエストポーチ

f:id:ICHIZO:20160616033303j:plain

第一印象は、「カラー腹巻き」。

今回、僕はブルーを選んだが、さまざまな色が用意されているので、好みに合わせて選べる。

腹巻きタイプであるから、当然、めちゃめちゃ軽い。

前述、エリートランナーの使いっぷりから、その便利さはある程度分かっていたつもりだったけれど、いざ、実物を見てみると、「これでポーチの役目を果たしてくれるのだろうか…?」と少し不安になったりもした。

しかし、その心配は杞憂だった。

たっぷり入って、取り出しやすい!

f:id:ICHIZO:20160616051724j:plain

このポーチには、4つのポケットがついている。

先週末のロングランで、僕は、iPhone SE、デジカメ、薄い財布、モバイルバッテリー、鍵をいれたが、全く問題なく収まる。

普段の夜明けランでは、5km程度しか走らないので、モバイルバッテリやデジカメなどは不要。そうすると、もっとお手軽で、装着しているのを忘れてしまうほど。

iPhone SEの代わりに、Galaxy Note 2を入れても余裕だったから、Note 2と同サイズ(で、しかも薄い)iPhone 6S Plusなどでも快適に使える筈だ。

ポーチへの収納方法は、ポケットを開いて滑り込ませるだけ。実に簡単。

ポケットの切り込みが小さいため、最初は、うまく入るのだろうか?とも思ったのだけれど、伸縮性が抜群なので、スムーズに収納できた。

500mlペットボトルも入る。けれど…。

amazonのレビューなどでは、ペットボトルも入る、と書いてあるものがあったので、期待して試してみた。

伸縮性が抜群なので、確かに入る。…けれど、走っているうちに飛び出してきてしまい、スピードを出すと落ちてしまった。

何か、入れ方にコツがあるのかもしれないが、たとえ落ちないようになったとしても、使い勝手は良くない。腰にゴツゴツとボトルがと当たって、走っている間じゅう、気になるからだ。

メーカーの紹介文にも、ペットボトル収納での利用法は紹介されておらず、このポーチには向いていないと思う。

ペットボトルを持って走りたいなら、他のポーチにするか、併用した方がいい。

キーフックがついていて便利!

f:id:ICHIZO:20160616033338j:plain

4つのポケットのうち、1つにはキーフックがついていて、これがとても便利だ。

ここには、そのままキーを差し込んでもいいのだけれど、僕の場合は、さらにロングチェーンをキーにつけて、収納している。

f:id:ICHIZO:20160616033601j:plain

こんな感じだ。

こうしておくと、ロングランで疲れて帰宅した時でも、玄関で、ポーチからキーを外さないまま、扉を開けることができるので、実に楽。冬場、手がかじかんでいるときなどにも役立つと思う。

ロングチェーンをつけたままポーチに収納しても、全く違和感はないから、実に使いやすい。

撥水性も文句なし!

メーカーからの紹介文には、「撥水性能は最高等級の5級(100点)」と書かれていた。

その等級や点数の意味が、僕にはよくわからなかったので、実際に試してみることにした。

f:id:ICHIZO:20160616033824j:plain

「TEST」と書いた紙を作って、ポケットの奥に収納。

収納したあたりの上から、水道水をジャブジャブかけて、取り出してみたところ…。

f:id:ICHIZO:20160616033925j:plain

 全く湿っていなかった。

これならば、ランニング中、どんなに汗をかいても、中に染みこむことはない筈だ。

これまでのポーチでは、真夏の暑い日にロングランしたりすると、汗がポーチの中にまで染みこんでいて悩ましかったので、それがなくなると思うと、本当に嬉しい。

撥水性が抜群なのは間違いない。ただ、ひとつ不安はあった。

ポケットという「穴」がある以上、大雨に降られたりすると、そこから水が浸入してしまうのではないか…ということだ。

その点についての危惧は…メーカーからの案内文を読むと解消した。

雨天の際は、ベルトを裏返して切り込み口を内側に向けてご使用ください。切り込み口からの雨の侵入を防ぐことができます。

なるほど。

とにかく軽くて、使いやすくて、撥水性能も文句なし。サロマのレース前に、このポーチに出会えてよかった。

超オススメ。

 

【特別仕様ランナーポーチ】ランフィット RUNFIT 日本製 高撥水機能 ランニング・ウォーキング・自転車・フィットネス・ボルタリング・登山・旅行などに【TV・雑誌掲載】 (L, ネイビー)

【特別仕様ランナーポーチ】ランフィット RUNFIT

  • 出版社/メーカー: プロビティー
  • メディア: その他
 

 


 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ