餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

久々に「UP 24」を使って思った、メリットとデメリット

スポンサーリンク

UP3の故障に伴い、一昨日の夜から、旧世代のUP24を使っている。

f:id:ICHIZO:20160615055444j:plain

UP3は、もう1個予備を持っているのだけれど、何だかあまり使う気が起きず、とりあえずは、UP24に戻ってみようかと思ったのだ。

ということで、UP3と比較して、UP24のメリットデメリットを、簡単に書き残しておくことにしよう。

メリット

  • とにかく、バッテリが保つ!(14日間*1
  • 腕に一瞬でするっと巻けるため、急いでいる時に楽

デメリット

  • レム睡眠が計測できない。
  • 充電時、キャップをなくしそうになる。
  • 安静時心拍数がとれない。
  • 活動目標達成時に震えてくれない。

…と、数だけ見ると、デメリット数の方が多いのだけれど、満足度はそれほど下がっていない。

メリットの1番目にあげた

  • とにかく、バッテリが保つ!(14日間)

というのが素晴らしすぎるからだ。

UP3は、公称7日間で、そもそも半分になってしまった上に、実質は7日なんて保った試しがない。購入直後から、4日間程度しかもたず、時々急激に減ったりして、さらには故障。

個体差があるのかもしれないけれど、それを差し引いても、14日間利用できるUP24の方が断然優れていると思う。

UP3で計測できていた、レム睡眠がとれなくなってしまったのは、ちょっと寂しい。目標達成時にぶるっと震えて光って教えてくれる機能は、地味に便利だっただけに、これがなくなったのも、少し残念。

UP3発表時の目玉(?)だと思っていた心拍数の測定は、なくても一向に困らなかった。安静時心拍数しかとれず、それをどう活用していいか、よくわからなかったからだ。

結論。

ちょっと残念な点はあるけれど、とりあえず、大きな不満はない。UP24はやっぱりよかったということを、あらためて実感中。

この安定性とバッテリの持ちが、UP3にあればなぁ…。

*1:発売時は7日間だったが、ファームアップデートで14日間に伸ばせる


マラソン・ジョギング ブログランキングへ