読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

大阪マラソン、またまたまたまたまた落選…。

スポンサーリンク

これで、6年連続落選。

f:id:ICHIZO:20160610034337j:plain

もはや、溜息しか出ない。今年こそは当たると思っていたのになぁ…。

昨日は、SNSのタイムラインを眺めて、ちょっと羨ましくなった。友人のランナーたちは、結構当選していたからだ。中には、もう何度も大阪マラソンに出走している人もいた。それなのに、なぜ。僕は…。

神戸も5年連続落選中だし、つくづく、僕は関西のレースに嫌われているのかも知れない。いったい何がいけないのだろう。

来年以降の傾向と対策…にはならないと思うけれど、過去の落選記録を、エントリーで振り返ってみたい。

初年度。2011年。

倍率5.5倍。

僕は大きく落ち込んだけれど、まぁ、第1回大会ということで大人気だったし、仕方がないか…。

2012年。

倍率5.2倍。初年度より少し下がったが、僕には関係なかった。

2013年。

倍率5.1倍。三度目の正直、も僕には通用しなかった。

あんまり悔しかったので、この年は筒井先生のイベントで大阪にエントリーした際、「ひとり大阪マラソン」を敢行しているw

夜明けの時間から走ったので、御堂筋はガラガラ。

ということで、ほんの少しだけ車道のど真ん中を走ったりした。でも、これはもちろん交通ルール違反。

とっても気持ち良かったけれど、大阪マラソンならば、ここを堂々と走れるのになぁと思って切なくなった。

2014年。

倍率4.9倍。5倍を切った。が、安定の落選だ。

そして、去年。2015年大会。

申込締切後に発表された倍率は4.5倍ということで、過去最低だったし、連続落選者1,000人優先抽選という制度も設けられたので、今年こそ!と期待した。

しかし…。

全く関係なかったorz

僕は、大阪マラソンに毎年落ち続けていたが、一昨年までは、救いがあった。

「大阪に落ちる代わりに、東京で当たる」というジンクス?があり、なんと、東京マラソンには、4年連続で出走できていたからだ。

だから、大阪マラソン落選で落ち込んでも、その後の東京マラソン当選で、一気に元気を取り戻した。

しかし、そのジンクスも、昨年遂に途絶えてしまった。もはや東京も当たる気が全くしないし、気分は沈むばかりだ。

そんなにどうしても大阪マラソンに出走したいならば、手段は残っている。

チャリティランナーとは|第6回大阪マラソン

そう、チャリティランナーとして参加する方法だ。

しかし、7万円の出資はちょっと厳しい。東京マラソン(10万円~)に比べると安いとはいえ、関西までの遠征費、宿泊費も考えると、10万円を大きく超過してしまう。

僕は、この時期ちょっと忙しく、1泊2日の強行軍になることは確実。土曜は、仕事帰りから直行になる可能性もあるバタバタで、そこまでの大金は払えない。

ということで、こんなエントリーを書いて憂さを晴らすしかなくなってしまった。あぁ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ