餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「薄い財布」が、ランナーのお供としても最強である5つの理由

スポンサーリンク

今年、買ってよかった商品ナンバーワン。

f:id:ICHIZO:20160607041447j:plain

評判の高さはダテじゃない。

僕はこれを使い始めて4ヶ月になるのだけれど、もう、以前の財布には戻れない。それほどまでに快適。

この財布の素晴らしさについては、既に各所で語り尽くされている感があるので、今更激賞するのはちょっと気が引ける。

その素晴らしい特徴については、公式ショップのWebサイトで書かれている通りだ。

 

2013年グッドデザイン賞受賞【薄い財布】二つ折り財布 abrAsus アブラサス

ただ、「ランナー」的視点から、この財布の素晴らしさを書いたレビューは、見当たらないようなので、今回は、その点に絞って、書いてみようと思う。

1)とにかく、薄い。そして、小さい。

f:id:ICHIZO:20160607041516j:plain

公式ショップの画像を真似てみたけれど、ほんとに、薄い。

そして、薄いだけじゃなく、小さいのもポイント。縦横9cm程度のスクエアな形状で、小銭入れではないかと見紛うほどだ。

薄くて、そして小さいので、ジョギングパンツの前ポケットに入れても違和感がなく走れる。

これまで僕が使っていた財布だと、嵩張ってしまい、とても無理だった。大抵の財布は違和感を感じるのではなかろうか。

小銭入れであれば、ジョギングパンツの前ポケットに収まるし、それで十分だろうと思うかもしれない。僕も、この財布を入手するまではそう思っていた。

しかし、小銭入れとは収納力が桁違いな上に…。

2)片手でさっと開ける!

f:id:ICHIZO:20160607041708j:plain

この使い勝手が抜群!

ジョギングの間、ちょっとした買い物をしたくなることは多々ある。ロングランであれば尚更。

集中して練習している時などは、時間を無駄にしたくないから、レジや自販機での買い物はさっさと済ませたい。

そんな時、この財布であれば、片手でさっと開いて、必要なものをすぐに取り出せるのだ。

3)収納力、一覧性が素晴らしい

f:id:ICHIZO:20160607041720j:plain

単に薄くて小さいだけがポイントじゃない。

薄くて、とても小さいのに、お札、カード、そして小銭入れが、完璧な形で共存している。そしてそれが簡単に一望できるのも素晴らしい。

お札はたっぷり入るし、カードもしっかり収納できる。PontaカードやTポイントカードなどを入れておけば、ランニング中でもポイントが貯まる。

ちょっとしたポイントだけれど、この財布を入手するまでは、カードを持たずに走っていたため、付与することはできなかった。ちりも積もれば山となる。やっぱり嬉しい。

収納できるカード枚数は、公式Webサイトによると5枚まで…となっているが、個人的には、5枚入れると取り出しにくい印象があるので、4枚に。

これならば、ラクラク取り出せて、実に快適。

4枚なんかじゃ足りないだろ!と思われるかもしれないが、こと「ランニング中に必要なカード」ということに限れば、個人的には、これで必要十分。

僕は、あと、Suicaカードとキャッシュカードを収めているが、ロングランでも、これで困ったことはない。

日常生活においては、別途カード入れを持っているので、他のさまざまなカード類はそちらに収めればいいからだ。

4)小銭入れの使い勝手が抜群!f:id:ICHIZO:20160607041752j:plain

財布の下部を外側に開くと現れる小銭入れ。

購入までは、「たいして入らないし、使いにくそう」と思っていたけれど、しかし、これが大きな誤解だった。

何より、小銭入れ部分を開いた瞬間の「一望性」が素晴らしい。

片手でさっと開いて、すぐに小銭を取り出せるため、ジョギング中に、自販機でドリンクなどを購入する際は、非常に便利なのだ。

たいして枚数が入らない…というのも、そんなに不自由ではないと思い始めている。

以前の財布に付属していた小銭入れには、たくさんの小銭を収納できた。

しかし、それだけにどんどん溜まって、いざ、実際に使いたいコインの取り出しに手間取る時が多かったからだ。

しかし、この「薄い財布」の小銭入れには、そんなに枚数が入らない故に、できるだけ小銭を減らすような意識に変わっていく。

例えば、602円の買い物をした時に、1000円を出すのではなく、1,102円を出すような意識*1だ。

戻ってきた500円玉はかなり嵩張るので、せっせと500円玉貯金に。お金も溜まって一石二鳥w

5)鍵だって、しっかり持ち歩ける

f:id:ICHIZO:20160607041817j:plain

僕は、夜明けの時間に走り始めることが多いので、戸締まりは特に重要。

この財布を入手するまで、僕は、キーホルダーをポケットに入れていた。普段の軽いジョギングならば、小銭入れとキーホルダーだけでも何とかなるが、ロングランとなると不自由に感じることが多かった。

だから、別途、ウェストポーチの中などに、お札やカードなどを入れて走っていたが、取り出しが面倒で、非常に使い勝手が悪かったのだ。

しかし、この財布を入手してからは、そんな不満は全くなくなった。

どんなロングランであっても、札入れ、小銭入れ、キーホルダー不要。この財布ひとつ持てばいい。

実際、宇都宮までの100kmランの時も、東京ウルトラマラソン51kmの時も、僕は、この財布ひとつで必要十分だった。

ランニングライフを変えてくれる、とにかく素晴らしい財布。

超オススメだ。

*1:1000円札を出すと、398円分の小銭が貯まるが、1,102円ならば、500円玉一枚しか戻ってこない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ