餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

サプライズ!PKD!

スポンサーリンク

僕は、本当に驚き、そして、心から感謝した。

このブログを、はてなダイアリーの時代*1から読んでくれている後輩、僕の大事な友人から、「ブログ移転記念」として、こんなプレゼントをもらったのである。

f:id:ICHIZO:20160521050814j:plain

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』Tシャツ。

そう、フィリップ・K・ディックのブランド「PKD」設立時に発売されたものだ。

一昨年の9月。はてなダイアリーの時代に書いたエントリー*2を思い出す。

僕は、このSFマガジン特集にあわせて発売された、PKDブランドTシャツを、買おうかどうしようか悩み、結局買わなかった。

当時、僕のブログタイトルは、「言い捨ての小部屋」。

ディックはもちろん好きだったけれど、ブログのタイトル名ではなかった。今だったら、絶対に即ゲットしていた筈だ。

その後、このTシャツのことは忘れてしまっていたのだけれど、今、あらためて調べてみたら、情報こそ残っているものの、既に「完売、入手不能」になっていた。

だから、非常にレアな逸品。

友人は、当時、自分用に買って保存していたようなのだけれど、「そんなにディックが好きだったのなら…」ということで、今回、僕にプレゼントしてくれたのだ。

Tシャツには、暖かい手紙が添えてあり、僕は大いに感激した。

僕は、そもそも友人が、SFやディックを好きだったとは知らなかったので驚き、そして、そんなレアな商品をプレゼントしてくれたことに、さらに驚いた。

f:id:ICHIZO:20160521050839j:plain

 いい友達をもって、僕は幸せだ。

*1:2005.11~2016.3「言い捨ての小部屋」。11年間分のエントリーは、現ブログにリダイレクトさせている。

*2:一見、このブログで書かれているように見えるけれど、はてなダイアリーからのリダイレクト。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ