餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

騙されたけど、ちょっと釈然としない気もした「砂上の法廷」のサプライズ

スポンサーリンク

先週の休日に鑑賞。

f:id:ICHIZO:20160421034808j:plain

キアヌ・リーヴス主演、広告で大きくサプライズを謳う、「砂上の法廷」だ。

「スポットライト」や「ルーム」など、アカデミー賞がらみの大作に比べると、いかにも地味で、殆ど話題になっていないと思う。

キアヌ・リーヴスが主演じゃなかったら、日本で公開されなかったんじゃないか?という気もする。

ただ、僕は、法廷もの&結末にサプライズのある映画が好きなので、上映館が非常に少ない中、遠征して見に行った。

以下、ネタバレには気をつけて書くつもりだけれど、もしもこれから鑑賞予定の方は、これ以上の文章は読まず、できれば予告篇も見ないで、見に行くことをオススメ。

映画は、ほぼ全篇が法廷を舞台にして描かれる。内容は、尋問シーンと回想シーンの繰り返しだ。

以下は、映画を見ながらつらつらと思ったこと。

  • キアヌ・リーヴス、表情が乏しいので、弁護士役は合ってるかも。
  • ワイシャツ姿のキアヌ、お腹周りが…。
  • 被告の母の女優、なんだかやたらなまめかしい*1
  • ラスト10分、確かに驚いたけど…それらしい伏線ってあったか?

個人的には、これがアリなら何でもアリなんじゃないかと言う気がして、ちょっと釈然としない騙され方なのだけれど、驚いたことは驚いたので、まぁ、良しとしよう。

ただ、自分が理解できていないだけかもしれないので、メディア化されたら、もう1度見直してみることにしたい。

個人的な感想を言うと、まぁ、値段分は楽しめたかなぁという印象。ただ、僕が見に行った日、4月14日は、月に1度のTOHOシネマズデイだったため、1,100円で鑑賞できたというのが大きい。

1,800円だったら、うーん…と思ったかも。

問題の予告篇。

映画を見終わってから、あらためて見たせいかもしれないけれど、ネタバレになっていて、ちょっと酷い。このせいで、本編を楽しめなかった人もいるんじゃないだろうか。

この映画を見終わったあと…なぜかまた「情婦」が見たくなった。

情婦 [DVD]

法廷ものの古典にして最高の大傑作。これはもう何度も見た。

いやぁ、ほんとにこの、大どんでん返しには驚いたんだよなぁ。

 

*1:ブリジットジョーンズの日記主演の、レニー・ゼルウィガーだったことを、後で知って衝撃!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ