餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

朝から夜まで持ち歩いてわかった、iPhone SEと5Sのバッテリ性能差

スポンサーリンク

iPhone SEは、スペック上、バッテリ性能が大幅に向上している。

 iPhone SEiPhone 6SiPhone 5S
連続通話時間 14時間 14時間 10時間
連続待受時間 10日間 10日間 10日間
インターネット利用(3G) 12時間 10時間 8時間
インターネット利用(LTE) 13時間 10時間 10時間
インターネット利用(Wi-Fi) 13時間 11時間 10時間
ビデオ再生 13時間 11時間 10時間
オーディオ再生 50時間 50時間 40時間

※時間、日数は全て最大値

同筐体の5Sのみならず、6Sよりも上、ということで、その点には大きく期待していた。

僕のiPhone 5Sは、去年の12月に新品交換を行っているから、バッテリはまだへたっていない。


この交換対応については、今思い出しても疲れが甦ってくるのだけれど、それは、今回と別の話。

とにかく、バッテリはまだまだ新しいので、十分保つ筈…なのだけれど、僕の使い方だと、スペックほどはもたない印象で、いつもバッテリ不安に悩まされていた。

通常は、移動中などに、折を見て充電しているため、バッテリ切れになったことはないが、いざ途中で給電しなかったとすると、丸一日使えるのだろうか。

ということで、先週の休日、朝から色々と外出した日に、実験を行ってみることにした。

ということで、朝9時過ぎ、iPhone 5SとSEのバッテリを、ともに100%に充電して、僕は家を出た。

外出中は、検証のため、iPhoneとSEと5Sを交互に利用。それぞれ同じぐらいの割合になるように、カメラやWebなどを利用するように心がけた。

日比谷で映画を1本見た後、東池袋へ。そう、大好きな東亭の餃子を食べるためだ。

食後、絶品餃子の余韻に酔いしれながら、ふと、そう言えば、SEと5Sのバッテリはどうなっているだろう…?と思いたった。

f:id:ICHIZO:20160418061857j:plain

 左がiPhone SE、右がiPhone 5S。

バッテリ残量は、SEが73%なのに対して、5Sは57%。その差は16%だ。この時点では、想像ほどの差はついていないような気もした。

が…。

f:id:ICHIZO:20160418062143j:plain

夕方になると、ぐっと違いが出てきた。

午後5時過ぎ、iPhone SEは、54%の余力を残しているのに対して、5Sは、24%まで落ち込んだ。その差は、30%も開いてしまった。

f:id:ICHIZO:20160418062308j:plain

 夜。

SEは、40%弱を残していて、まだ余裕。しかし、5Sの方は、既に残容量が10%となってしまっており、警告表示も出た。

f:id:ICHIZO:20160418062449j:plain

午後9時過ぎ。

iPhone 5Sの残量は2%で風前の灯火。夜まで頑張ったと言えないこともないが、この日は、SEと使い分けて使っていたので、いつもより利用時間は短い。

そう考えると、やはり1日は保たないのだ。

それに対して、iPhone SEの方は、まだ38%も残している。特筆すべきは、19:41の測定から、1時間半近く経っているのに、1%しか減っていない!こと。

5Sが8%も落としていることと比較すると、その粘り腰が強烈だ。

これならば、単独利用になっても、十分丸一日の常用に耐えそうな気がする。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ