読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

かすみがうらマラソン、断念…。

スポンサーリンク

ぎりぎりになって、悩んだ。

f:id:ICHIZO:20160416125146j:plain

折角送ってもらった、ナンバーカードや参加案内一式が無駄になる。

そう思うと、本当に切なくて、いてもたってもいられなくなった。

先週までは、そんな思いは浮かばなかった。腰痛が引かず、そもそも走れるような心境ではなかった。

 整形外科で診療をしてもらい、骨に異常がないことは確認できていたが、腰が少し疲労しているという診断を受け、リハビリ治療も始めていたほど。

だから、マラソンレース出走どころではない状況だったのだ。

ところが、今週後半あたりから、急に快方に向かったてきたことで、迷いが生じてきた。

金曜日は、ウォークしながらたまに走ってみても問題なく、昨日は、10kmウォーク予定を半分ランに切り替えても、全く痛みが出なかった。

これならば、出走できるかも…。そんな思いがふつふつと湧いてきた。

かすみがうらは、ここ4年連続して出走していて、とても大好きな大会のひとつ。

3年前の大雨の日も…。

レース2日前に打撲をして、肋骨を痛めた去年も出走した。

だから、出走できる体制が整ったならば、当然出たい!とも思った。

しかし…。去年、肋骨を痛めながら強行出場したツケで、その後、2週間近く走れなくなってしまった記憶が甦る。

いくら走れるようになってきたと言っても、まだ、油断は禁物だ。

多少でもスピードを上げると、なんとなく違和感がある。

僕の性格上、レースに出走してしまうと、全力で走ってしまうに違いなく、それが、折角治りかけている腰に響くことは間違いない。

もしもこれで、腰を悪化させてしまったら、サロマに響く。走れなくなる可能性だってある。そうなったら、泣くに泣けない。

だから、今年のかすみがうらは、欠場することに決めた。

無念…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ