餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Galaxy Camera,不調…。

スポンサーリンク

今度は、Galaxy Cameraか。僕は溜息をつきたくなった。

iPhoneのバッテリ問題、BlackBerryのトラックパッド問題。モバイル端末の相次ぐ不調に頭を悩ませていたのだけれど、それが伝染するかのように、今度は、Galaxy Cameraにやって来たかのようだ。


シャッター部分が半開きになっている。

が、それは今回の不調とは関係ない。2年半前の落下事件で損傷したものだ。大きな外傷を負ってしまったが、本体は、その後も問題なく動作してくれていた。

Galaxy Cameraは、Android OSと21倍ズームを搭載した、使い勝手のいい端末で、ひところは常に持ち歩いていたほど。

ただ、その筐体の大きさがネックで、だんだんと持ち歩くのが億劫に。

特に、コンパクトな望遠カメラであるPowerShot SX610 HSを手に入れてからは、殆ど外へ持ち出すことはなくなってしまった。

とはいえ、使う機会がなくなったわけではない。「屋内専用」になっても、僕にとっては欠かせない端末だった。

僕は、家でさまざまなものを写真に撮り、それをブログに使うことが多い。例えば、最初に掲載させていただいた、Galaxy Cameraのようなものだ。

いつも、こういった写真は、Galaxy Cameraの担当だった。今回は、やむを得ずPowerShot SX610 HSで撮影しているが、通常は、Galaxy Cameraが活躍してくれる。
Galaxy Cameraは、標準で無線LANを搭載しており、特に細かい設定などを行わなくても、PCと簡単に連動できる。

カメラ部分は、望遠が売りだけれど、マクロモードも優れているので、グッズなどの撮影にも向くのだ。

Galaxy Cameraで撮影するだけで、すぐにPCへ写真が取り込まれ、そのままDropBoxにも保存。いやはやこれは本当に便利だ。

だから、僕のブログ更新には欠かせない端末だった。

それなのに…。

今日、とある雑誌(?)のネタを書こうと、いつものようにGalaxy Cameraを使って撮影したら、どうにもこうにもうまくいかなかった。

マクロで撮ろうとすると、シャッターを切る段階で、写真がボケボケになってしまうのだ。5枚に1枚ぐらいは成功するが、治ったかとおもうと、またボケてしまう。早朝から非常にイライラしてしまった。

今日は時間がなくなってしまったので、撮影も、原因の究明も諦めたけれど、この不調が治らないと、今後のブログ更新が少し面倒になる。一時的な現象であることを祈るばかりだ。


本当は、今日これを紹介したかったのだけれど…。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ