餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

福岡マラソン前後に出会った餃子たち(その2 「池ぽん」で炊き餃子ランチを堪能)

スポンサーリンク

(承前)
炊き餃子。
博多発祥のスープ餃子だ。
折角福岡マラソンで博多に訪れているのだから、本場の炊き餃子を食べずには帰れない。僕はそう心に決めていた。
宿泊したホテルの至近で、炊き餃子の美味しい店があるという情報を入手し、さらにランチ営業もしているということだったので、レース翌日のランチをそこで食べることにした。
ikepon1
店の名は、「池ぽん」。
炊き餃子の名店、「池田屋」の姉妹店ということで、こういう名前になったようだ。「池田屋」よりも敷居が低く、気楽に入れる雰囲気の店だった。
ikepon2
ランチメニュー。
食べログでの人気ナンバーワンは「池ちゃんぽん」。これは、中太麺のちゃんぽんと一緒に炊き餃子が2個入ったもので、かなり食べ応えがありそうだった。
しかし僕は、麺よりも炊き餃子をたっぷり堪能したかったので、「炊き餃子」ランチを注文。黒板のランチメニューにはなかったが注文は可能。
ikepon3
炊き餃子来たーーっ!
ランチでの価格は、夜と同じ700円。だが…。
ikepon5
ランチメニューだと、ごはんがつく。ごはんの上には、キムチも載せてくれるので、嬉しい。
ikepon4
炊き餃子は、もちもちの皮と野菜中心の具が見事に調和して、非常にジューシー。あっさりスープとのバランスも絶妙で、とっても美味しかった。
ikepon6
テーブルの上には、黒柚子胡椒と特製辛子味噌。
あっさりスープを味わったあと、これを入れて、味を変えて楽しめるのもよかった。レース翌日は、雨で寒さも厳しかったのだけれど、この炊き餃子で、すっかり身体が温まった。
やっぱり、寒い時期の炊き餃子はいい。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ