読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

いつかまた絶対に出たい、ニューヨークシティマラソン

Running
スポンサーリンク

僕は、毎年、この時期になると思い出す。


NYC Marathon:

そう、11月の初旬は、ニューヨークシティマラソンの時期なのだ。
僕が出走してから、もう4年も経っているのに、あの時の感動が、昨日のことのように押し寄せてくる。
特に今年は、ラン繋がりの友人が出走していたこともあり、その出走報告を読むと、本当に、また出たくて出たくてたまらなくなってしまった。
ただ…ことはそう簡単ではない。4年前とは職務が変わり、休暇が非常にとりにくくなってしまったため、僕には大きな壁が立ちはだかっているのだ。
NYシティマラソンは、東京同様、抽選倍率が非常に厳しいため、普通にエントリーしてもまず当たらないが、別途ツアー枠というのがあり、それに申し込めば、無条件で出走出来る。
しかし、ツアーで行くとなると、これがべらぼうに高い。
航空券&ホテルで、40万!程度。別途、NYシティマラソンのエントリー料金+代行手数料などで4万以上掛かり、さらに現地での買い物代などもあったので、50万超の金額がかかった記憶がある。
それだけの出費をしても、また行く価値があるレースだとは思っているけれど、問題は、「確実に」休めるかどうか、だ。
今の職務をしている限り、この時期に確実に連休がとれる保証はないからだ。
無理矢理休みを決めてしまうという荒技もあるが、覆される可能性もゼロではなく、そうなると、べらぼうに高いツアー料金をドブに捨てることになる*1。それが僕には最大の壁。
しかし、何としてもまた行きたい。NYの街を堪能しながら走りたい。そう思っている。1年前から色々と根回しすれば、何とかなるだろうか。
実に悩ましい…。

*1:NYシティマラソン用のツアーとなっているため、キャンセルとなった場合、殆ど払い戻しが行われない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ