読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

首都圏の「おいしい餃子の店」探しに、究極の1冊が出た!

スポンサーリンク

餃子好きならば、絶対に見逃せないムックが発売された。


おいしい餃子の店 首都圏版 (ぴあMOOK)

その名は、「おいしい餃子の店」。
定評ある「ぴあ」ムックの「おいしい××店」シリーズ最新刊だ。このシリーズでは、これまで「肉」「魚」「寿司」「カレー」など、様々なジャンルの「おいしい××店」が発売されており、満を持しての餃子店登場だ。
タイトルだけだと、一見地味にも思えるが、その内容を見れば、余計な修飾語はいらないことがわかる。まさに、「おいしい餃子」の店が満載の、究極の1冊だからだ。
餃子関連のムック本は、これまでにも各社からさまざまなものが発売されているけれど、今回の本が究極であることには、理由がある。
「あの」東京餃子通信主宰の餃子王、塚田亮一さんが企画に携わっているのだ。

巻頭企画では、「餃子の達人が選ぶ究極のうま餃子」として、11軒をセレクト。
赤坂「みんみん」を筆頭に、首都圏屈指の餃子店たちが、ずらりと掲載されている。圧巻だ。
その11軒の中には…。

昨日まで、僕のブログで連載エントリーさせていただいた、立川「ぎょうざ工房」、そして、僕の首都圏餃子店ベスト3に入る、阿佐ヶ谷「豚八戒」も揃い踏み。もちろん、その他の8軒も素晴らしい店ばかり。
何しろ、500軒以上もの餃子店を食べ歩いた塚田さんが、厳選に厳選を重ねて選んだ11軒なのだ。眺めているだけでも、すぐにまた行きたくなってしまった。

塚田さんは、コラムも担当。
この11軒の情報とコラムを読むだけでも、十分に購入する価値のある本だが、それ以外にも、企画が満載。

  • [大特集]おいしい餃子の店へご案内

焼き餃子/羽根つき餃子/水餃子/蒸し・揚げ餃子/ご当地餃子/個性派餃子/
世界の餃子/ジャンボ餃子/テイクアウト餃子/乾杯! 酒場de餃子

  • [特別企画] 餃子の町 名店探訪

   宇都宮/川崎/立川

  • [小企画] 安うま! ランチ餃子 新橋&新宿
  • [小企画] 餃子探偵が行く 

タンギョウを探せ/こんなところにウマ餃子

流石はぴあの人気ムックシリーズ、流石は塚田さん企画協力の本だなぁと唸ることしきり。
この本には、150軒の餃子店が掲載されているのだけれど、既刊餃子本の常連店が落ちていたりもする。
しかし、その分、隠れた名店や、新店のおいしい店たちを遍くカバー。既存店の評判だけで作ったわけでないというポリシーを感じた。巷に溢れる焼き直し本とは、大きな一線を画しているのだ。素晴らしい。
首都圏地区の店舗が中心なので、首都圏の餃子好きにはもちろん必携。
しかし、それ以外の地域の餃子好きにとっても、首都圏に来る機会があるのであれば、入手しておいて損はないと思う。
ムック形態なので、時間が経つと入手しにくくなる可能性もあるので、早々にゲットしておくことをオススメしたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ