餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「餃子の王将」ぎょうざ倶楽部会員証、ハローキティバージョンをゲット!

スポンサーリンク

危ないところだった。
気がつけば、昨日、9月30日がリミットだったからだ。
ということで、昨晩、退勤後の帰り道に餃子の王将へ駆け込んだ。ぎょうざ倶楽部の会員資格を得て、限定のハローキティバージョンのカードをゲットでき、ホッとしている。
ぎょうざ倶楽部、ハローキティ…とはいったい何だ?という人も多いだろうから、ご説明させていただこう。こちらを見ていただければ一目瞭然だ。

会員募集期間中、「餃子の王将」店内に貼ってあるポスター*1
ぎょうざ倶楽部の会員メリットなどが告知されている。餃子の王将ファンであれば、是非、入手しておきたいカードだ。僕も、昨年こそゲットしそこなってしまったが、それ以前は毎年会員になって、このカードをゲットしていた。
ただ、ぎょうざ倶楽部の会員になるためには、ちょっとした壁がある。募集期間内にスタンプを20個溜めなければならないのだ。スタンプは、500円毎に1個なので、単純に考えると1万円かかる。
僕は餃子の王将ではあまり外食をせず、生餃子の持ち帰り専門。生餃子は2人前で500円だから、スタンプを20個溜めるには、40人前の購入が必要。結構ハードルが高かった。
だから、9月末までの達成はかなり難しく、通常バージョンで仕方ないかなぁ…と思っていたのだけれど…。
9月に入って、朗報が発表された。

おぉ、スタンプ2倍押し!
そして、この告知にもハローキティバージョンが登場。限定カードをゲットするための大きな後押しのようにも思えた。
ということで、僕は、生餃子の購入頻度を加速。昨日の時点であと6個になっていた。ここまできたら、折角だから限定バージョンを入手しておかなければもったいない。
ということで、僕は退勤後、餃子の王将の窓口へ駆け込んだのだ。
いつものように、生餃子6人前、1,500円あまりの金額を購入。スタンプ2倍押しだから、6個。ぴったり終わる計算だった。

ゲットーっ!
よく考えれば(考えなくても?)いい歳をしたオッサンが、こんな絵柄のカードを使うなんて、かなり恥ずかしい。
しかし、餃子の王将での会計時にしか提示しないのだし、店員は、これが《期間限定バージョンカード》であることを知っている筈なので、コアな王将ファンだと思って、許してくれるだろう。
まぁ、別に許しを求める必要もないのだけれどw

ぎょうざ倶楽部の会員になると、毎回会計時5%割引になる上、この券がもらえる。
誕生月に利用できる、1,000円割引券だ。これは結構大きい。
ぎょうざ倶楽部の会員になるためには、単純計算で1万円かかると前述したが、スタンプ2倍押しキャンペーンでそのハードルが下がり、さらに、こういったフィードバックがあるので、餃子の王将ファンであれば、会員になっておいて損はしないと思う。

*1:ハローキティバージョンの配布は9月30日までなので、今日以降は違うポスターに変わっているかもしれない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ