餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

PowerShot SX610HSで撮った「豚八戒」の絶品餃子5種+α(中編)

スポンサーリンク

(承前)
今回で3度目になる「豚八戒」の2F。夢のような餃子の宴。
しかし、今回は、ちょっと様相が違っていた。僕らが夢空間に上がると、「今日の主役は餃子じゃないぞ」と言わんばかりな情景になっていたからだ。
CHOHAKKAI25
テーブルの上には、2色に彩られた鍋と、その取り皿が並び…。
CHOHAKKAI26
壁際には、野菜やきのこ、春雨などの具。
CHOHAKKAI27
追い出汁もあった。
CHOHAKKAI28
あらためて、鍋にフォーカス。紅白の彩りが美しい。
CHOHAKKAI29
薬味として、パクチーと白ネギが用意されていた。
鍋のメインの具となる、肉や海鮮などの生ものは、いざ火鍋を開始する際に、1Fの厨房からリフトで上げてくださるとのことだった。
はやる気持ちは勿論あったが、いざ鍋を始めてしまうと、他の絶品料理、特に餃子が美味しく食べられなくなってしまう懸念があった。そのため、僕らはとりあえず鍋を封印して、注文を開始。
まずは、前菜。
CHOHAKKAI30
枝豆と高菜の和え物。
CHOHAKKAI31
海老と胡瓜の和え物。
以前のエントリーでも書いたが、この店は、こういった小品までもが、さりげなくとても美味しい。箸が止まらない。前回、前々回の宴では、何度もリピートしたほど。
前回9月の宴では、全てのレギュラーメニューをコンプリートしたが、今回は、火鍋も控えているため、そうはいかない。ということで、餃子・火鍋以外に食べた料理は、あと2品のみ。
CHOHAKKAI32
じゃがいもの細切りと…。
CHOHAKKAI33
腸詰め。
いやぁ、どれもこれも本当に美味しかった。こういった料理だけでも、十分この店は素晴らしいと思うけれど、やっぱり、この店に来たならば、もちろん「あれ」を堪能せずにはいられない。
さぁ、いよいよ主役がリフトに乗って上がってきた。
(以下、続く。)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ