読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

冷静に見送れる内容でホッとした「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」

Mobile
スポンサーリンク

プライズは、何もなかった。


iPhone 6s - Apple(日本):

「唯一変わったのは、そのすべて」
キャッチコピーは、いかにもAppleらしい自信満々さに溢れているが、そこまで大きな変更だとは思えないだけに、何だかちょっと苦し紛れのコピーのようにも思える。
もちろんそれは、僕の「あくまで個人的な感想」であり、驚いた、嬉しかった、という人も多いだろう。
ただ、もともと今年は、マイナーチェンジの年。デザイン的な変更は、来年9月に発表される(筈の)「iPhone 7」までお預け。さらに、ここ1週間は、リーク情報が飛び交いまくっており、その情報を超えるサプライズはなかったように思う。
僕の場合は、そもそも、iPhone 6以降の巨大化デザインを、未だ許容できずにいるため、よほど大きな衝撃がなければ、5sで十分だと考えていたし、その点では逆にホッとした。
唯一の大きな目玉と言えるのが、「3D Touch」と呼ばれる画面の感圧機能追加。これだけでも買いと思う人は多いだろう。ただ、プレゼン内容を見る限りでは、使い方が限定されるような気もしたし、まだ未知数の部分もあるので、僕はそれほど惹かれなかった。
その他、カメラやCPUの性能アップもあるが、マイナス点もある。筐体サイズは6と同じなのに、なぜか重量が重くなっているのだ。無印6に比べ、約10%の重量アップとはいえ、これは意外と気になる人もいると思う。
いずれにしても、個人的には完全見送り決定。あと1年、5sで頑張って、来年、きっと出てくれる筈の「iPhone 7 Comopact」に期待しようw
今回のAppleイベントでは、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」と同時に、「iPad Pro」「iPad mini 4」も発表された。
iPad mini 4」は、iPad mini系列の正統な進化で、薄く、軽くなった。先代の「iPad mini 3」が、いったい何だったんだ的なバージョン*1で発表され、もうminiは終焉?とも思えただけに、これを待っていた人は多いだろう。
そして。「iPad Pro」。
噂通りの発表ではあるが、実際に出てみると、本当に驚く。これについては言いたいことがあるのだけれど、今日は時間切れになってしまった。
別エントリーであらためたい。

*1:AppleのWebサイトでは、既にiPad mini 3が消えており、iPad mini 2が残っている。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ