餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Microsoft Universal Foldable Keyboardのおかげで甦ったMiix 2 8

スポンサーリンク

(承前)
死蔵からの復活。

Miix 2 8が、再び日の目をみるようになった。
全ては、Microsoft Universal Foldable Keyboardのおかげだ。
一昨年の年末、喜び勇んでゲットしてしてみたものの、どうにもこうにも使いにくくて眠らせていたMiix 2 8。なぜ使いこなせなかったのだろうと思っていたのだけれど、ようやく理由がわかった。僕はこれを「タブレット端末として」捉えていたことだった。
いや、もちろんMiix 2 8はタブレットなのだが、それ以前に、Windowsであることを忘れちゃいけない。WindowsというOSは、そもそも、タブレットのようなものを前提に生まれたOSではないからだ。
Windows 8は、タブレット端末対応のOSとして誕生しているが、その使い勝手の悪さは、今更僕がここでいうまでもないだろう。
その点、タブレット端末として成熟したiPadとは、根本的に立ち位置が異なる。iPadMiix 2 8を同じように使おうと思って併用していたら、Miix 2 8が使いにくくて辟易するのは、「必然」だったのだ。
しかし、キーボードを得たMiix 2 8は、一気に使い勝手が良くなった。やっぱり、WindowsというOSは、キーボードあってこそなのだと、あらためて実感。
ただ、最初はちょっと使いにくかった。Microsoft Universal Foldable Keyboardは、マイクロソフト製のキーボードであるにも関わらず、Windowsキーボードに「当然備わっているべき」キーがなかったからだ。
しかしこれは、色んな工夫で代替できることが判明し、それでどんどん便利になってきた。それらの代替方法については、現状、整理中なので、あらためてエントリーさせていただくことにしたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ