餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

電車内で増えてきた「平気でシャッター音を鳴らす」人たち

スポンサーリンク

最近、ちょっと気になることがある。

電車内で、やたらとシャッター音が鳴り響くことだ。以前は殆ど聞いたことがなかったけれど、最近は、時々そんな状況に出くわす。

昨日も、電車に座っていたら、隣の女性が、iPhoneでバシバシとシャッター音を鳴らしまくっていたので、ちょっと驚いた。あの音は、車内で聞くと、あまり気持ちのいいものではない。

その理由はわかっている。おそらく、iPhone利用中に、残しておきたい画面があったりして、スクリーンショット(キャプチャ)を撮っているのだ。

僕に限らず、回りに座っていた人たちは、音が鳴るたびに結構驚いていたが、当人は、何も悪いことをしているわけじゃないんだから、という風で、全く気にせず音を鳴らしまくっていた。

僕も、iPhoneユーザーだから、電車内で画面のスクリーンショットを撮りたいことは結構ある。しかし、車内であの音を鳴らすと、盗撮を疑われる心配があるので、ぐっと堪えてきた。

それは、以前のエントリーで書いた通り。

スマートフォンを使っていると、アプリ利用時のメッセージや、あるいは端末そのもののエラー表示などなど、あとでブログのネタになりそうな画面表示がよく出てくる。そういう時に便利なのが、表示画面のキャプチャ(スクリーンショット)機能なのだけれど、iPhoneの場合、これが実に悩ましい。単に、そのとき見ている画面をキャプチャしたいだけなのに、シャッター音が鳴るからだ。

自宅にいるときや、周りに誰もいないときならばそれでもいいが、通勤電車内でアプリを見ているときなどは非常に困る。いざキャプチャしようと思うと、シャッター音が鳴るので、盗撮を疑われる心配がある。だから、泣く泣くキャプチャを諦めた機会が多々。ほとほと嫌になる仕様だ。

「画面キャプチャ」したいだけなのに鳴る、シャッター音が忌まわしいiPhone - 言い捨ての小部屋:

僕と同様の心境を持っている人が多いのか、男性でシャッター音を鳴らしている人には、ほとんど遭遇したことがない。

車内で鳴らしているのは、大抵が若い女性だ。盗撮を疑われる心配がないからこそ、できるのだろうし、だから本人も気にしていないのだろう。

僕は、こういった人たちを非難したいわけじゃない。たとえスクリーンショット音であろうと、ちょっとは周りを気遣って欲しいという思いはあるものの、大きな怒りはない。車内で撮りたい気持ちは理解できるからだ。

ただ…。

「シャッター音が、撮影時ではなくスクリーンショットでも鳴る」という点が、広く認知されていない現状では、問題があると思う。僕は、いつか車内で、盗撮疑惑などに伴った無用なトラブルが生じるような気がする。

一番の問題点は、やっぱり、撮影しているわけでもないのに、シャッター音が鳴る。ということで、僕にはこれがどうにも不満だ。

今後、スクリーンショット撮影時でも音が鳴ることへの認知が進んで、誰もが気にしなくなる時代が来るかもしれない。

しかし、それはそれで問題がある。スクリーンショット撮影に見せかけた、盗撮が行われる可能性があるからだ。

そうなったら、まさに本末転倒。いったい何のためのシャッター音?なのか、と思う。

iPhoneの仕様として、「カメラ=鳴る」「スクリーンショット=鳴らない」となるのがベストなのかもしれないけれど、それは、国際的な需要もないだろうから、きっと実現しないだろう。

そもそも、iPhoneで、カメラのシャッター音が鳴るのは、iPhone側の問題ではなく、日本独自の仕様だからだ。

北米版のiPhoneでは鳴らないが、日本版では、たとえSIMフリーのiPhoneであっても鳴る。

これは盗撮防止の観点から生まれた制度のようなのだけれど、今後、スクリーンショットのために「平気でシャッター音を鳴らす人たち」が増えてくれば、防止になっているのかもよくわからず、ただ五月蝿いだけ。

何だかなぁ…。


【関連】


マラソン・ジョギング ブログランキングへ