餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

当選の祈りをこめて…。東京マラソン2016 先行エントリーだん。

スポンサーリンク

東京マラソン2015が終わって、4ヶ月あまり。
あの感動は、ついこの間のことのように思えるのに、もう4ヶ月も経っていたのか。月日の経つのは、本当に早い。
そして。ONE TOKYO プレミアムメンバー向けに、2016年の東京マラソン先行エントリーが始まった。

ということで、忘れないうちにエントリーを済ませた。
プレミアムメンバーの維持費は、年間4,320円。メンバーは、各種ランニングイベントの優先参加や料金割引や提携施設の割引特典などもあるようだけれど、僕はそういった特典は殆ど利用していない。
ただ、「東京マラソンの先行エントリー」権、かつ「2次抽選エントリー権」を得るためだけに維持している。東京マラソンの参加費は10,500円で、東京都心を思う存分駆け抜けられることを考えれば破格。だから、それに4,320円が加わったところで、まだ十分安いと思う。
ただ、プレミアムメンバーであることの効用が、どれだけあるかはわからない。
メンバーの人数は、特典出場枠より圧倒的に多いからだ。実際、僕の周りでも、プレミアムメンバーでありながら、落選しつづけている人もいる。
しかし、僕の場合は、とりあえず4年連続当選という僥倖に恵まれているため、それが継続しているうちは、プレミアムメンバーであることの運を信じることにしたい。
僕は、初出場の4年前から2年前までは、先行エントリーで外れたものの、一般エントリーで当選。昨年は、先行エントリーで当選している。幸運すぎて恨まれそうだ。
いくら何でも、そろそろ連続出場記録は途切れそう…と思いつつ、僕は、ひとつの光明を信じて、祈りながらエントリーした。
今年、例によって、大阪・神戸の抽選マラソンが、揃って落選。これで5年連続だ。ほとほと僕は、関西圏に縁がないと思いつつ、これが外れ続けている間、東京当選でリベンジしてきたという経緯がある。
となれば今年も…と、期待してしまう。
もちろん、そんなものは単なる偶然で、確率的には大阪・神戸・東京とも落選する可能性の方が高い。
けれど、ジンクスが続いている限りは、祈りたくなるのが心情というものじゃないか。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ