餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「UP2」の日本発売が決定!で、「UP24」の予備機確保を考える

スポンサーリンク

ようやく、というか、遂に、というか、UP24の後継機が発売になる。

その名も、UP2。3代目のJawbone UPだ。
米国では、4月中旬に、唐突に発売されていたが、2ヶ月遅れでの日本投入となった。
UP24の後継がUP2というのは、何だかわかりにくいのだけれど、UP2の後継機であるUP3やUP4も既に発表されており、UP3については、既に米国市場に出回っている。要は、現モデルのUP24だけが「異端」の型番になっているようだ。
ということで、今後は、UP2→UP3→UP4の流れでラインナップが整理されることとなり、UP24については、終売になる可能性が高い。
実際、日本でのUP2発売に伴う説明会のレポートで、このような記事も出ている。

この発表会で、UP2は、日本のApple Storeでも7月初旬から発売されると説明を行なっていました。(中略)なお、このUP2の発売後「UP24」は販売終了となるそうです。
Jawboneのアクティビティトラッカー「Jawbone UP2」7月初旬からApple Storeで販売開始予定 | レポート | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤):

これはあくまで、Apple StoreでのUP24について書かれたものだ。
しかし、Apple Storeだけで販売終了ということは考えにくく、商品そのものが市場から消えてしまうのは、ほぼ間違いないと思う。
ならば…。と僕は考えた。「UP 24」が入手できなくなってしまうのは困るので、品薄にならないうちに、予備機を確保しておいた方がいいかもしれない、と。
これまでの紹介記事を色々眺めてみて思うことは、UP24とUP2において、機能面での差は殆どなく、主に変わったのは、「デザイン」と「操作性」。
ただ、僕は現状のUP24のデザインの方が好みだし、操作性も、それほど使いやすくなったようには見えない。
米国で先行発売されている、UP3*1におけるGizmodoのレポートを読むと、とても買う気がしなくなってきた。
しかも、バッテリのもちに関しては、UP24が14日間なのに対して、UP2は7日間と、半分になってしまっている。UP24も、もともと7日間だったが、ファームアップデートで14日間になったため、UP2もいずれ伸びる可能性はあるが、少なくとも現時点では劣っている。7日間もあれば十分ではあるが、どうせならば、長い方がいい。
さらに、価格面でもUP24に軍配が上がる。
UP2の「定価」は、14,400 円(税抜)。多少の割引をするところはあるかもしれないが、発売直後の大きな値崩れはないだろう。それに対し、UP24は、現在10,000円を切った価格で入手できるところがいくつもある。
UP2は、UP24より新しいモデルなのだから、価格差があるのは当然だと言われるかもしれない。しかし、UP2が、UP24より4,000円超も高い価格を払うほど、魅力があるとは(僕には)思えないのだ。
ということで、UP24が市場から消えてしまう前に、予備を押さえておこうと考えている。
【関連】

*1:UP2のものではないが、デザインや操作性は、UP2と共通している。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ