読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

いつの間にか発売になっていた「Jawbone UP2」

スポンサーリンク

ちょっと驚いた。
UP3の発売が遅れに遅れ、ようやく今月20日過ぎから出荷という情報は掴んでいたのだけれど、まさか、それに先駆けて、唐突にこんな商品が出るとは思わなかったからだ。

その名も、Jawbone UP2。
どうやら米国では、4月15日に、「UP4」と同時に発表されていたようだが、すっかり見落としていた。痛恨。
そして、驚いたことに、発表翌日の16日から、米Amazon.comなどで発売が開始されている。価格は、$99.99。「UP3」は、米amazonでまだ発売されておらず、唐突に登場して先を越した形になる。
Jawbone社の発表内容によれば、これはUPの2代目である「UP24」の後継となっているが、デザインは一新されており、どちらかと言えば、「UP3」の方に近い。
機能としても、「UP3」から心拍計の機能などを省いた廉価版、といった趣だ。
これは、僕の勝手な邪推だけれど、UPシリーズの中で「UP24」というモデル名が浮いていて、別系列のようにも見えるため、UP3の発売前に、型番を整理したかったのではなかろうか。
UP3の発売前に、強引に(?)UP2をねじ込んだことにより、初代UPからの進化の流れが、非常にわかりやすくなった。

  • 初代UP

  • UP2(デザイン一新)

  • UP4(決済機能搭載)

ざっくりまとめると、こんな形の進化だろうか。
僕は今、UP24を使っているけれど、当面UP2に乗り換える予定はない。
UP24からの機能的な進化は少なく、基本的にはデザイン変更のイメージ。サイズが45%小さくなったとのことだけれど、重量はほぼ同一だし、個人的には、少し腕から浮いても気楽に巻けるUP24の方が好みだからだ。
デザイン変更にあわせて、FuelBandのように、歩数や時間などが確認できるディスプレイを搭載してくれていれば、即買いだったのだけれどなぁ…。
【関連】


マラソン・ジョギング ブログランキングへ