餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「格落ち」6cではなく、「同格」の7で復活して欲しい4インチiPhone

スポンサーリンク

iPhone 5sのサイズ感には、本当に満足している。
iPhone-5s
片手の掌中にすっぽり収まるから、タッチ操作が実に快適。端末を持ち替えることなく、親指の稼働域内で動作が完結するというのは最高だ。

サイズ拡大してしまったiPhone 6では(僕の場合)、持ち替えなければ、親指ひとつでは操作できなくなるし、いわんや6 PLUSにおいておや。

だからとにかく気に入っているのだけれど、若干の心配もある。利用しているアプリが、どんどんバージョンアップしていくことだ。

5sがいかに良くても、「ひと世代前の」端末であることは間違いなく、各種アプリの環境に合わない日がきっと出てくる。アプリ群は、常に最新のiOS対応を目指して進化していくからだ。

まだしばらくは、5sにも最新のiOSを導入できるだろうけれど、性能的に動作が重くなっていくだろうし、いつかは切り捨てられる日も来るだろう。

そんな時が来る前に、「4インチ版の」iPhoneが復活してくれることが、僕の大きな願いだ。

ただ…。

一時期出回った6cの噂については、それほど嬉しくなかった。イメージは5cの後継ということだったが、僕は、「5c」の位置づけが好きではなかったからだ。

同時期に発売された「5s」よりもスペックが劣る廉価版的な位置づけ。格落ちモデル。それでいて、たいして安くもない。

前述の通り、アプリ群などはどんどん進化していくため、高いお金を払って買い替えるのならば、「最新、最強」のモデルを買っておいたほうが、後々安心。

そう考えると、5cが全世界的に売れなかったという状況は、必然だったと思っている。

折角4インチが復活したとしても、そんな位置づけの後継である6cじゃなぁ…というのが大きな不満だった。もしも、「サイズが小さいから、性能も落としていい」という考えで作られるのならば、それは間違っていると思う。

だから、このニュースについては、個人的に興味深く感じている。

かなりの精度で予想を当ててくるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオさんが、4インチの新型iPhoneは2016年に登場すると報告しているんです。2016年といえば、モデルナンバー的にはiPhone 7が登場する年。来年のiPhoneはPlus、標準モデル、4インチモデルの3つが登場するかもしれません。
4インチiPhone、登場は2016年になるかもしれない : ギズモード・ジャパン:

次期iPhone(iPhone 6s/6s Plus)の登場は今年9月で、噂されているiPhone 6cの存在は否定しています。個人的にもどうせ登場するならiPhone 6sの派生モデルではなく、高級感が感じられる気合の入ったモデルとして登場して欲しいところです。

全く同感。

もちろん、7で復活したとしても、ノーマル7より性能が劣る可能性もあり得るが、新ラインナップとして並列で出すのならば、きっと、ほぼ「同格」*1になるんじゃないかと思う。

もしもこの噂が本当ならば、何とか2016年まで5sで頑張りたい。

*1:iPhone6と6 Plus程度の違いはあるかもしれない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ