読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

一生に一度だけのラウンジ巡り(その5:香港国際空港「ザ・ブリッジ」)

エアライン
スポンサーリンク

(承前)
気がつけば、弾丸香港旅行から、はや1ヶ月が経過してしまった。
いつまでラウンジネタを書いているんだと突っ込まれそうだけれど、僕は一気にまとめて書くことができず、書きだめもできないタチなので、どうしても時間がかかってしまう。
僕にとっては、個人的な備忘録も兼ねているため、書くたびに思い出が甦ってきて楽しい。でも、つきあっていられないという人も多いだろう。興味のない方は*1スルー推奨。
「ザ・キャビン」を5分で通過した僕が向かったのは、香港国際空港北ウイングと南ウイングの、ちょうど中間の場所に位置する「ザ・ブリッジ」だった。
THE-BRIDGE1
入口の看板表示が巨大で豪華。
人通りが多い中央レセプションエリアの要であるポジションを、ラウンジ施設が占めていることに驚いた。流石はキャセイだ。
THE-BRIDGE2
エスカレーターを下り、笑顔の出迎えで受付完了。右へ行くのか左へ行くのか迷ったが、とりあえず左を選択。
THE-BRIDGE3
ラウンジ入口は、アジアンテイストが溢れる空間。なんだか落ち着く。
THE-BRIDGE4
その先のゾーンも、陶磁器や水彩画などが展示されており、心安らぐ雰囲気だった。
食事エリアも充実しており…。
THE-BRIDGE7
ホットミールやパン。
THE-BRIDGE8
サラダ類。
THE-BRIDGE9
点心もあった。
ラウンジ内はとても広く、その先を進んでいくと…。
THE-BRIDGE11
MAC PCが並ぶITゾーンや、シャワールームなどがあり、そして。
THE-BRIDGE12
コーヒーショップまであった。
ここでは、本格的な、挽き立てのコーヒーを注文して飲めるようだ。僕はとってもコーヒーが好きなので、ちょっと感激だった。
色々種類があって迷ったが、僕は家では専らモカコーヒーを飲んでいるので、「MOCHA」と書かれたメニューを注文。すると…。
THE-BRIDGE13
カフェモカが出てきた。
そうか、単に「モカ」と書かれている場合は「カフェモカ」になってしまうのか…。愕然。僕は、甘ったるいコーヒーが苦手なので、普段ならば絶対飲まない飲み物だったからだ。
ただ、僕の無知ゆえの注文だし、折角僕のために作ってくれたものを残すわけにはいかない。想像通りに甘くて参ったが、ラウンジの雰囲気に癒されながら、何とか飲みきった。
「ザ・キャビン」よりはゆったりしたが、ここのラウンジにも長居はできない。まだあと1つ訪れなければいけないラウンジが残っていたので、僕は、コーヒーを飲み干すや、最終的な目的地に急いだ。
この「ザ・ブリッジ」は、和テイストが魅力的だったし、ブラックコーヒーも飲んでみたいので、また再訪したいなぁと思いながら、キャセイのWebサイトで、ラウンジ情報を復習していたら、こんな説明を読んで、ちょっと愕然。

北ウイングの「ザ・ベー カリー」では、焼き立てのパンやピザ、サンドイッチ、ペイストリーに加え、アジア・西洋風のスープ、新鮮なサラダをご提供しています。また、北ウイングに は、キャセイパシフィック航空の名物にもなっている「ザ・ロングバー」や「ザ・TVラウンジ」、「シーティング・エリア」などもございます。

なんと…。
ラウンジ入口で右(北ウイング側)に行けば、焼きたてパンやピザが食べられたのか。「ロングバー」や「ザ・TVラウンジ」、「シーティング・エリア」(…っていったい何だろう)。うーん。事前の情報収集不足だったなぁ。
ITエリアやシャワールーム、そしてコーヒーロフトなどは、南ウイング側にしかなかったし、時間的に両方は回れなかっただろうから、今回の選択が誤っていたとは思わない。
でも、これは是非再訪して、北ウイング側も行ってみなければなぁ…。
(以下、続く。)

*1:そもそも「興味のある方」がいるのだろうか(^^;


マラソン・ジョギング ブログランキングへ