餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

東京マラソン3日前…にやってきた悪夢

スポンサーリンク

全ては順調、の筈だった。
昨日は、レース週恒例の夜明け前インターバルトレーニングを実行。あとは、本番まで軽く流せば調整は終わり。そんな心づもりだった。
ところが。
出勤して数時間経った頃から、急に身体に寒気が走った。会社の中は、冬でも室温が結構高く、寒いなんてことはない。実際、その時の温度は25℃を超えていたのだ。
僕はもともと冷え性のタイプだが、いつものそれとは違った寒気・悪寒だった。
寒気は、午後になると一層酷くなり、熱っぽくもなってきた。僕は這々の体で何とか仕事を終えると、そのまま東京ビッグサイトへ直行した。
本当は、そのまま帰って眠りたかった。
しかし、今日の夜は職場での送別会が組まれているし、明日も、仕事の関係でバタバタすることが待ち構えており、東京マラソンの受付を確実に行うためには、昨日の夜しかなかったからだ。
tokyo-expo2015
会場到着。
tokyo-expo2015-2
ナンバーカード受取完了。
いつもならば、会場内の写真を撮りまくり、そのレポートをさせていただくのが常だったが、とてもそんな心の余裕はなかった。
幾つかのブースに寄っただけで、とても疲れてしまい、さらにまた寒気も止まらなくなったため、早々に帰宅した。
Medicine
昨晩は、市販薬と栄養ドリンクを飲んで就寝。
起きたら全快していることを祈りながら、眠った。予定していた夜明け前のランも自粛、いつもより2時間程度多い睡眠時間を確保したのだけれど…。
ダメだった。起きたあと、一瞬、「昨日よりはだいぶ楽かな?」と思ったのだけれど、すぐに出てきた鼻水が、その思いを打ち消した。そしてやっぱり今朝も少し寒気がする。
僕は、ここ数年、風邪など引いたことがなかったので、今回は本当にショックだ。うがいや手洗いなど、十分に気をつけていたのになぁ…。
東京マラソンまでは、まだ2日あるので、何とか間に合うことを祈っているけれど、本番までじっくり静養できる環境にはなく、さらなる悪化も心配だ。だから、薬を飲み続け、できる限り睡眠を確保して、回復を祈るしかない。
あぁ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ