読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

BlackBerry Classic 常用体制への道(その3:純正ホルスターの変化に関する雑感)

スポンサーリンク

(承前)
BlackBerryには、ホルスターが似合う。
BBB9000の時代には、純正のホルスターが付属品としてついていたぐらいだから、BlackBerryとホルスターの関係は切っても切れないものと言える。
だから、BlackBerry Classicにおいても、純正のホルスターが、本体発売にあわせて登場した。もちろんゲット。
BBC-Holster4
この連載の1回目でご案内した通り、pocketgamesで入手したものだ。
外箱から見た第一印象は、BBB系列(9000→9700→9900)の純正ホルスターとは、かなり違うなぁということだった。
BBC-Holster2
開封。
表面がエンボス模様になっていて、BBB系列のフラットタイプとは明らかに質感が異なる。個人的には、フラットタイプの方が好みだけれど、これはこれで悪くない。
そして、BB本体を「すっかり覆う」形になってしまったところも、大きな変化。
BBC-Holster5
比較してみると一目瞭然。
以前のホルスターの方が、本体を取り出しやすかったんだけれどなぁ…。ただ、スリムに仕上がっているので、ホルスターに入れてしまうと、大きくなった筐体も、すんなり受け入れられる(気がする)。
BBC-Holster3
背面。
9900の純正ホルスターでは、下部に、BlackBerryロゴが刻印されていたが、今回はなし。エンボス加工になってしまったせいだと思うのだけれど、ちょっと残念。
今回、液晶保護シートと純正ホルスターをゲットしたことで、BB Classicを快適に持ち歩く環境は整った。
とも思えるのだけれど、個人的にはまだすっきりしなかった。これまでのBB同様、BB Classicを常用したいと考えた時、どうしても足りないものがあったからだ。
それは…
(以下、続く。)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ