餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Appleイベント直前。揺れ動く心境(その2:iPhone 6の「2択」サイズに悩む)

スポンサーリンク

(承前)
今回のAppleプレスイベント。
詳細はまだ何も発表されていない(と思う)が、確実なのは、「iPhone 6」が発表されること。
ここ数年は、毎年この時期のプレスイベントで、新しいiPhoneが発表されており、今年もその流れに沿う筈だ。今回は、モデル名に「S」がつくマイナーチェンジではなく、筐体の変更も含めた大幅な刷新となるため、その注目度もひときわ大きい。
iPhone 6の新しい筐体に関しては、これまで非常に数多くの噂が流れてきており、リーク情報も錯綜している。
ただ、真偽不明ながらほぼ確実(?)な情報となっているのが、「iPhone 6では2種類のサイズが発売される」ということだ。


iPhone 6 Reportedly Launching 'As Early As September' in 4.7- and 5.5-Inch Sizes - Mac Rumors:

このようなイメージ画像がWeb上には溢れまくっている。
かなり信頼できる筋での情報にも掲載されているので、現行モデルからのサイズ拡大、しかも2種類、ということはほぼ間違いないと思う。
ただ…僕はiPhoneの大型化を望んでいない。その理由は、以前のエントリーで書いた通り。

iPhone 5の場合、片手の掌の中ですんなり収まり、親指一本で、全てのアイコンにスムーズにアクセスできるというところが大きなポイント。これ以上大型化されてしまうと、それが非常に厳しくなってしまう。

Android OSの端末では、たとえ画面が大きくなっても、自分の使いやすいように、ホーム画面を変化させることが可能。しかも、「Home」ボタンの他に、「戻る」「メニュー」のボタンが用意されているので、たとえ操作に行き詰まっても、ボタンで解決できることが多い。

しかし、iPhoneではそうはいかない。ホーム画面の自由度が低い上に、ボタンは、ホームボタン1つしかないからだ。
iPhone 6に抱く期待と妄想(その1:大型化万歳!と思えない理由)

この思いは、今も変わっていない。
iOS 7になって、多少操作性は便利になったが、それでもやっぱり「行き詰まり感」はある。
iOSは、端末の操作に慣れていなくても、直感的に使えるという点では優れたOSなのだろうとは思う。ただ、だからこそiPhoneは片手の掌中で気軽に使いたい。
5.5インチなどになってしまったら、両手使いが前提となり、機動力が大きく失われてしまうと思う。大きいiOS端末が使いたいなら、iPadiPad miniを使えばいいじゃないか。
しかし、僕がどんなに嘆こうが、噂はどんどん現実に近づいていくのだ。
僕の理想とするiPhone 6は、「縦横サイズは現行のまま」「実用性を保ったまま薄く*1。」「防水・防塵対応」というものだった。
しかし、筐体サイズの大型化は避けられそうになく、一時期リーク情報が流れて歓喜した防水・防塵対応も、どうやらデマだったようで、実現しそうにない。
だから、とても残念だし、それならばむしろまだしばらくは、現行のiPhone 5のままでもいいかとも思った。
しかし、と僕はすぐに考え直す。僕のiPhone 5は、最悪の電波を掴まされたau版なので、これ以上使い続けるのは真っ平だったからだ。
忌まわしき2年縛りが解けたら、docomoへのMNPを行おうと思っており、そのタイミングとiPhone 6の発表、発売が重なる。
このタイミングを逃すと、再び2年縛りがかかってしまうので、それだけは避けたかった。
ということで、iPhone 6の購入はほぼ決定なのだけれど、現行サイズの消失が確実となっている状況で、僕は大いなる「2択」に頭を悩ませている。
大きくなるのがイヤならば、4.7インチ1択じゃないかと思われるかもしれないが、ちょっと心境は違う。
どうせ現行より大きくなってしまうなら、「大は小を兼ねる」で5.5インチもアリなんじゃないかと思えるからだ。
5.5インチは、Galaxy Note 2と同じ。Note 2のサイズは、ビューワーとしては非常に快適なことを実感しているので、片手での簡単操作を見切れば、便利に使えそうな気がする。
ただ、薄さなども含めた明確なサイズが発表になると、コンパクトな4.7インチに惹かれる可能性もあり、現時点ではまだ決めきれない。
だから、最終的には、正式発表されてから結論を出せばいいとも思ったが、ここでさらに悩ましいことがある。
5.5インチの発売が遅れるんじゃないかという情報だ。
両方のモデル発表はなされるものの、とりあえず4.7インチだけ先行発売され、5.5インチは来年になるのではなどという噂もある。
サイズだけではなく、搭載ガラスやスペックなども異なるという噂まで流れている。
となると、ますます頭が痛い。解約タイミングなども含めて、整理、検討しなければいけなくなるからだ。
明後日の未明には、全て明らかになることではあるのだけれど、今から僕は悶々としている。
うーん。
(以下、続く)
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:薄くなることで、操作性が悪くなったり、筐体の強度が落ちるのであれば、現行のままで十分。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ