餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

UPの睡眠ログで再認識する、未明地震の痕跡

スポンサーリンク

また、だ。
15日、16日、17日と連続発生した、東日本エリアの未明地震。ここ2日間は収まっていたのでホッとしていたら、また来た。


地震情報 2014年6月20日 1時43分頃発生 最大震度:2 震源地:千葉県北西部 - 日本気象協会 tenki.jp:

本当に勘弁して欲しい…。
僕は地震が大の苦手なので、ほんの少し揺れただけでも、すぐに起きてしまうからだ。
今回はM4.3なので、先日の地震よりも規模は小さいが、千葉県の内陸部で発生したため、首都圏での揺れは大きくなった。M4クラスでも十分な揺れを感じるのだから、内陸でM6,そして7クラスが発生したら…と思うと、恐怖で、いてもたってもいられなくなる。
地震の痕跡は、今回も、Jawbone UPでの睡眠記録にしっかり刻まれていた。

UPの記録では、地震発生から3分後に目覚めたことになっている。
揺れを感じてすぐに目覚めた筈だが、最初は動かずウトウトしていたため、UPバンドでは、浅い眠りとの区別がつかなかったのだろう。その後、起き上がって灯りをつけたりしたので、それが3分後だったのだろうと思う。

UPのアプリには、コメントも残すことができるので、僕は、地震の痕跡を忘れないように書き留めた。
未明の地震は本当に怖いけれど、このレベルであれば、まだマシと思った方がいいのかもしれない。実際、僕も「怖い怖い」と言いながら、発生後すぐにまた眠りに落ちているからだ。
僕は思い出す。311のあとしばらく、毎日毎晩余震が発生し、寝付かれない日々が続いたことを。あの時、睡眠記録がとれたら、いったいどういう状態になっていたろう。おそらく、相当睡眠は分断されていた筈だ。
そう考えると、このレベルで済んでいるうちは、まだマシと思った方がいいのかもしれない。
これが大きな地震の予兆でないよう、今後大地震が起きないよう、ただ祈るばかりだ。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ