餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

BlackBerryとの併用で痛感する、「au版」iPhone 5回線のひどさ

スポンサーリンク

これまでにも何度も書いたが、やっぱり書かずにいられない。
au版」iPhone 5の回線は酷すぎる。
もちろん、個人差はあるだろう。地域による違いはあるだろう。それは承知している。
でも、僕の行動半径においては、なぜここが圏外なんだ?と思うようなところで圏外になるケースが実に多い。そして、実際は圏外ではなく、たいていは、LTEと3Gの電波切り替えがスムーズでないために起きているのだ。
特に酷いのが、駅の構内やビル内。ちょっとした調べ物をしようと、iPhoneでWebを確認しようとすると圏外になっていて、イライラすることがままある。
大抵は、数分経てば自然に回復しているが、たかが数分、されど数分。急いで調べ物をしたいときもあるし、僕はやっぱり我慢できない。
そういう場合は、フライトモードの「オン」「オフ」操作で、電波を掴み直して繋げるのだけれど、なぜわざわざそんなことをしなければいけないのか、時々哀しくなる。なんだかとても理不尽だ。
ただ、もしも僕がiPhone 5単体のユーザーであったなら、そこまで不満には感じなかったかもしれない。割り切って使っていたかもしれない。
しかし、docomoBlackBerryと併用していると、割り切れなくなる。iPhone 5が圏外表示や○表示でもがいているときでも、たいてい、僕のBlackBerry Bold 9900は、全く問題なく繋がっているからだ。
BBは、3Gの電波しか掴めないし、しかもBISを通す回線なので、実に低速だが、非常に安定している。
ブラウジングが弱い端末なので、Webを見る気はあまり起きないのだけれど、電話やメールSNSなどにおいては盤石で、「いつでもどこでも繋がる」安心感がある。
それと比べてしまうと、「au版」iPhone 5の不安定ぶりは耐えがたい。
au版」iPhone 5でも、LTEを切って3Gのみにすれば、多少は快適になる。僕も一時期はそうしていたこともあった。しかし、iPhone 5で最も使うのはWebブラウジングなのに、高速回線のLTEを捨てるのはちょっともったいない。
それに、3Gのみにしても、たまに○表示になったりするのだ。僕は、どうにもこうにも腹立たしくなって、結局もとに戻した。
あと数ヶ月。
iPhone 6に乗り換えれば、こんな状態からは脱却できると信じて、耐えるしかない…んだろうなぁ。
蛇足。


正直、iPhone5がプラチナバンド(800MHz)非対応だったので、2.1GHzだけだとソフトバンクさんに少し分があるのは否めない。しかし800MHz対応となれば、これはもう大逆転ですよ。ええ、勝ったと思います。
iPhone5s・5c 800MHz対応で笑いが止まらぬKDDI社長「見た目は同じ、中身が違う」:週アスPLUS

何度でも書くけれど、この笑顔を見るたびに腹が立つ。
これは「au版」iPhone 5を買ったユーザーに喧嘩を売っているんじゃないか?
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ