餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Cyber-shot DSC-TX5 故障…。

スポンサーリンク

2年前、サロマ湖100kmウルトラマラソンに備えて購入したCyber-shot DSC-TX5。

防水・防塵・耐衝撃仕様のコンデジだ。
当時、僕にとっては初の100kmレースだったため、途中で心が折れないよう、写真撮影で気を紛らわそうと思って購入した。
その期待通り、サロマ湖では僕の完走を支えてくれた。当日は、奇しくも雨になったので、その防水機能がフルに生かされ、数々のチェックポイントで、簡単に写真が撮れた。
その後も、さまざまなマラソンレース時の撮影で活躍してくれたが、元々中古な上に、2年間使って来たためか、ガタが来はじめたらしい。
その予兆は、先月下旬の山中湖ロードレース時から始まっていた。
cyber-shot br /eakdown 1

バッテリーを納める部分の蓋が、閉まらなくなってしまったのだ。
一見閉じているようにも見えるが、ツメ部分が嵌まっておらず、ちょっとでも振動があると大きく開いてしまう。
今年の山中湖は、天気がよかったから、蓋が開いたままでも何とか撮影できた。しかし、もしも雨だったら使えないところだった。防水デジカメなのに!
おそらくツメ部分の部品が折れて外れてしまったのだろうと思うが、僕は、どうしようかと悩んでいた。
とりあえず、蓋の部分をテープで留めて使うかなぁ…。今日の日曜日も雨予報だったけれど、ロングランを行うことに決めたので、昨晩、カメラの準備に取りかかった。
しかし、いざ、Cyber-shotの電源をオンにすると、さらに事態は深刻になっていた。
cyber-shot br /eakdown 2
システムエラー…orz。
いったんは起動するものの、少し画面にタッチしていると、すぐに、この表示に変わってしまう。電池を何度も入れ直したりしてみたが、結果は変わらなかった。
購入時、ソフマップの拡張保証に入っているので、もしかすると修理対応が効くかもしれないが、あいにく保証書が見つからない。おそらく真剣に探せば出てくるとは思うが、たとえ見つかったとしても、きっと、サロマには間に合わないだろう。
非常に気にいっていたので、僕はかなり悩んでいる。後継機を買えば手っ取り早いのだけれど、先立つものが苦しい。では、とりあえず修理の方向で検討して、今年のサロマでは撮影を諦めるか…。
うーん。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ