餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

安物Lightningケーブルゆえの割り切りと悩ましさ

スポンサーリンク

パソコンや外部バッテリとiPhone 5を繋ぐためには、Lightningケーブルが要る。
購入時に純正の物が1本付属していたが、これは会社に置いてあるため、僕は、自宅では、専ら互換の格安品を使っていた。
Lightningケーブルの登場当初は、互換品であっても結構値段が高かったのだけれど、最近は100円ショップなどにも潤沢に出回っている。
ケーブルの長さも色々ある上に、巻き取り式などもあるため、使い勝手もよく、いつしか、家には5本ものケーブルが溜まっていた。利用ケースによって使い分けられ、鞄の中に入れておいたり、外部バッテリに繋ぎっぱなしにしておいたりもできるため、非常に便利だ。
…とはいえ、そこは格安品なので、大きな罠がある。
iPhone 5では認識しない場合があることだ。パソコンへのデータ移行もできなければ、バッテリの充電もできない。そんなケースが発生する。
Lightningケーブルは、iPhoneに挿した時、上下どちらの方向で挿しても構わないというのが特徴。
しかし、格安品の場合は、そうはいかない。なぜか、片方向でしか認識しない場合がある。そのため、向きを変えて挿し直すことしばしば。
両方どちらの方向でも認識しないことがあり、その時は、他の格安Lightningケーブルに切り替えて、何度も接続を試してやっと繋がる、というケースも。
僕は、iOS 6のままなのでわからないけれど、Webなどでの情報によると、これまで使えていたケーブルでも、iOSがバージョンアップされると使えなくなることもあるらしい。
ケーブルとして認識しないのでは、そもそも不良品じゃないか、とも思うのだけれど、文句は言えない。
Apple側は、純正ケーブル、もしくはApple認証を受けたケーブルしか、正当と認めていないからだ。
素直に純正品(もしくはApple認証品)を買えばいいのだけれど、純正品は税込2,000円以上(2mだと3,000円超!)するし、Apple認証品でも1,000円以下の物はまずないので、二の足を踏んでしまう。
予備ケーブルのためにそんな値段はかけられないと思い、僕は格安品を選んでいた。たまに認識しないことがあっても、そこは格安ゆえ、と割り切っていた。ダメだったら、また別のものを買えばいいじゃないか、なんたって安いんだから。
しかし、この考えが本当に正しいのかどうか、最近、悩み始めてきた。認識しないケースが非常に増えてきたからだ。
今朝。ブログアップに、iPhoneで撮った写真を取り込むため、iPhoneをPCに繋ごうとしたのだけれど、全く認識してくれなくて困った。
上下差し替えてもダメ。ケーブルを変えてもダメ。こういった時、BBやGalaxy CameraやGalaxy Noteならば簡単な解決方法がある。データは、たいていmicroSDの中にあるので、microSDを端末から取り出して、PCで読み込めば済むからだ。
しかし、iPhoneの場合は、microSDに対応しておらず、データは本体にしかないため、そうはいかない。お手上げだ。
ということで、今日は時間切れとなり、こんな愚痴エントリーに変わってしまったw
iCloudを使うという手もあるのだろうけれど、自動的に全ての写真をアップロードしたくないので、僕の場合はNG。
やっぱり、素直に、純正品や認証品を買ったほうがいいのかなぁ。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ