読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

iPhone 6に抱く期待と妄想(その2:iOSの進化、どこまで)

Mobile
スポンサーリンク

(承前)
iPhone 5/5Sでの画面操作について、僕は、昨日のエントリーでこう書いた。

例えば、アプリ使用時に「戻る」操作をしたい場合、アプリ側でのメニューで操作を行うことになるのだけれど、戻るボタンが左上などに設置されている場合は、非常に面倒になる。
現状は、親指の可動域が狭いので何とかなるけれど、これ以上画面が大きくなると、親指の行ったり来たりだけで、非常に疲れてしまう気がする。

この件に関して、ホリキンさんからコメントをいただいた。
iOS 7においては、画面を指でスワイプすることにより、「戻る」動作に対応しているというのだ。慌ててググって、僕は、初めてそのことに気がついた(汗)
ホリキンさんに教えていただかなければ、ずっと気がつかなかったかもしれないので、感謝の思いでいっぱいだ。
iOS 7で対応しているということは、少なくとも、iPhone5Sユーザーは、このスワイプ操作を自然に行っているのだろうし、iPhone 5ユーザーであっても、iOS 7にアップグレードしていれば、「戻る」問題は、それほど気にならなくなったのかもしれない。
スワイプ操作での「戻る」対応は、全てのアプリで使えるわけではないようだし、ボタン標準装備であるAndroid端末の方が便利だという思いは変わらない*1が、ホームボタン1つのシンプルな仕様不変のまま、OSの進化でカバーしているiPhoneは、やっぱり凄いなぁと感心した。
僕は、これまで、iOS 6でとりたてて困っていなかったし、7にして動作が重くなるのも嫌だったので、アップグレードを見送っていた。
しかし、「戻る」のスワイプ操作は試してみたいし、インストールしているアプリも、iOSを7にアップグレードしないと、使えない機能が増えてきた。そろそろ、重い腰を上げて、アップグレードしようかなぁ…などと思っていたのだけれど、こんな情報を見つけて、再び躊躇している。

うーん。僕がウダウダしているうちに、来月には、もうiOS 8が出てしまうのか。
これまた魅力たっぷりな機能満載だなぁ。最新情報によれば、iPadにおいては画面分割とマルチタスクにも対応するようだし、iOSの進化ぶりはめざましい。
となると…僕はまたしてもアップグレードをためらってしまう。今さら7にするなら、飛び級で8へのアップグレードでもいいような気がするし、でも、iPhone 5iOS 8だと激重になりそうな気もするし…。
ならば、やっぱりこのままiPhone 6まで待って、最新の端末&最新のOSでリフレッシュ、でもいいかなぁと思っている。
まぁ、単に今アップグレードをするのが面倒なだけなのだけれどw
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:あくまで「戻る」「メニュー」ボタンが装備されているという点においての便利さ。全体的な、直感的な使いやすさは、iPhoneの方が上だと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ