読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

アップルストアに跳ね返されたiPhone 5のバッテリ問題(前篇)

Mobile-iPhone Mobile
スポンサーリンク

(承前)
とにかくバッテリがもたなくなった、僕の「au版」iPhone 5
iPhoneに関しては、自力でのバッテリ交換が困難なので、今年の9月には発売されるとみられるiPhone 6まで、何とか耐え忍ぼうかと思っていた。
しかし、よく考えてみると、ただ耐える必要もないことに気がついた。
そう、僕は「AppleCare+ for iPhone」に加入していたからだ。これはiPhone独自の拡張保証サービスで、9,400円も払って入ったのに、これまで僕は一度も利用したことがなかった。
もちろん、あくまで保証サービスなのだから、9,400円は、いわば安心料。不具合なく済めばそれで御の字なのだと考えることもできる。
ただ、このバッテリの超消耗は、いわば不具合みたいなものじゃないかと思い、ちょっと調べてみると、バッテリ交換も保証内容に含まれていることがわかった。
なんだ、無償で交換してもらえるんじゃないか。それならば、その手を使わなければ損だ。
しかも、交換対応は、アップルストア店舗で、その場で行って貰えるというから、話が早かった。こういった対応は、店舗で長時間待たされるのが常だけれど、iPhone上から予約が可能のようだったので、僕は、予約をしておくことにした。

iPhoneアプリの「Apple Store」を選択。

「ストア」⇒店舗を指定。僕は、渋谷のアップルストアを選んだ。Genius Barをクリック。

iPhoneをクリック。

予約画面に遷移。その時点で予約可能な日付が表示される。
僕がアクセスした4日の夜には、5月6日午後以降の予約が可能だった。6日は、休日出勤の予定もなかった*1ため、僕は大いに喜んだ。GW期間中にリフレッシュできるじゃないか。これはラッキー!そう思った。

ということで、6日の夕方、16時50分を指定。
渋谷まで出向くのはちょっと面倒だったけれど、無償でバッテリ交換してもらえるのだから、文句は言うまい。GW明けからは、購入直後のような快適なバッテリライフが戻ってくるのだ!
5月6日当日。
僕は、心ワクワクしながら、渋谷に向かった。久しぶりのアップルストア。連休最終日とあって、大混雑は必至だろう。
しかし、予約済みだから心配はいらないし、しかも当日交換対応もしてもらえるのだから、アップルストアって凄い。僕は感服していた。
まさか、その中に大きな高い壁が控えているなどとは、夢にも思わずに。
(以下、続く。)
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:3日と5日は休日出勤だった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ