餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

発作的ひとりマラソン症候群(その4:福岡マラソンコースを試走!)

スポンサーリンク

思いたったのは、突然だった。
このGW期間中、唯一、5月4日だけは完全に休めそうだった*1ので、僕は、その日を有効に使いたいと思った。
ということで、僕は、福岡に飛ぶことに決めた。
福岡は、僕にとって、とても思い出深い街だ。昔2年間住んでいたことがあるし、去年は、JAL修行で何度も訪れた。今年の2月、別府大分マラソンに出場した時も、わざわざ福岡経由で別府に向かったほどだ。
今回福岡に飛んだ目的は、この時期恒例の博多どんたくを見たかった…わけではなく…。


福岡マラソン2014:

このコースを試走してみたかったからだ。
福岡空港に着き、スタート地点である天神までの地下鉄に乗っているときから、僕は、福岡マラソンの盛り上がりを感じていた。

車内のつり革にも…。

駅のポスターにも、福岡マラソンの告知がなされていた。弥が上にも期待は高まる。
ただ、突然走ろうと決めたため、事前の予習は殆どしていなかった。

頼りと言えば、公式Webサイトに掲載されていたこの地図だけ。
しかし、走ってみれば何とかなるだろうと、とりあえずスタートした。
時間の関係もあって、走れたのは、15km地点あたりまで。
僕が走ったコースは、Garminがしっかり記録していてくれていた。

結構違うw
でもまぁ、天神スタートで、中盤からは海岸線を走るという大筋は合っているので、それなりの試走にはなったのではないかと思う。


天神地区の情景。
この日は、博多どんたくの2日目で、大賑わいを想定していたが、僕が走り始めた時間は、まだ交通規制もなされておらず、穏やかだった。

天神から数キロ地点。車道も歩道も閑散。
これは福岡に住んでいた時から思っていたのだけれど、福岡の市街地は、総じて歩道が広い!
歩道と自転車道が分かれているところも多く、走るには実に快適だ。
大濠公園という素晴らしいランニングコースもあるし、海岸も近い。福岡は、ランナーには最高の街だなぁと思った。
あぁ、あのころから走り始めていればなぁ…。

中盤以降の海岸通り。
ここは間違いなく福岡マラソンのコースに入っている。とにかく海が絶景のひとこと。この風景を見ながら走り続けられるのは、本当に素晴らしいなぁと思った。
今回の試走では、その「さわり」を味わっただけに過ぎないけれど、本番では、まだまだ後半も、海沿いのコースが続いている。九州大学のキャンパス内を駆け抜けることができるという魅力もある。
いやぁ、本当にこれは素晴らしい大会になりそうだ。是非とも11月にここを駆け抜けたい!
ただ、難題がひとつ。
このレースが抽選であることだ。僕は関西地区のマラソン大会で抽選に負け続けていて、現在7連敗中。四国の四万十ウルトラも落選したので、西日本で8連敗。九州も西日本なので、またしても落選しそうな気がして仕方がない。
あぁぁ、出たいなぁ。

後で気がついたのだけれど、実際のコースを中継した公式の動画がアップされていた。
もしも落ちたら、今度はこの動画で十分予習して、またひとりで走ろうw
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:他の日は、休日出勤の可能性があり、結果3日と5日は出勤になってしまった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ